文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

東京医大、高卒認定者も差別…女子同様加点せず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京医科大(東京)が医学部医学科の一般入試で女子受験者らの合格者数を抑制していた問題で、同大が高卒認定試験の合格者や海外の学校出身の受験生も差別していたことが、23日に公表された第三者委員会の報告書でわかった。今年の入試では、昨年よりも女子の減点幅が拡大され、より不利に扱われていたことも判明した。

 同大は今年の一般入試と大学入試センター試験利用の受験者について、2次試験の小論文(100点満点)で受験者全員の得点に「0・8」の係数を掛けて減点した後、現役と1、2浪の男子に10点を、3浪男子に5点を加点。女子と4浪以上の男子には加点せず一律に減点したままとし、女子と3浪以上の男子の合格者数を抑制していた。

 報告書によると、同大は、高卒認定試験の合格者と海外の学校の出身者のほか、専門学校や高等専修学校などの出身者らについても、女子と同様に一切加点対象としない運用を行っていた。

 

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事