文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

成人男女の将来の不安…「年金が十分か」が断然1位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 成人男女が将来に不安を感じることとして、最も多いのは「公的年金が老後の生活に十分であるかどうか」であることが、厚生労働省の調査で分かった。

 調査は2016年7月、20歳以上の男女約1万2500人を対象に行い、約9500人から回答を得た。

 将来、一番不安なことについて、男性の50%、女性の51.5%が「年金が十分であるか」を挙げた。

 年代別でも、すべての年代で「年金」がトップ。「医療や介護が必要になり、負担が増大するのではないか」が、男性15.3%、女性16.3%で続いた。

 今後、充実させる必要があると考える社会保障分野(複数回答)では、71.6%が「年金」を挙げ、3年前の前回調査(64.5%)から7.1ポイント上昇した。次いで、「高齢者医療や介護」(54.3%)、「子ども・子育て支援」(40%)だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事