文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

食のサポート(3)患者ごとに最適の病院食

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
食のサポート(3)患者ごとに最適の病院食

再入院後、自分に合った病院食のおかげで食欲が戻り、回復した滝さん(左)。9月末に退院した(藤田医科大学病院で)

 愛知県豊明市の藤田医科大学病院(旧・藤田保健衛生大病院)。9月27日、入院していた滝利一さん(83)は、外科・緩和医療学講座教授の東口高志さんが回診に来ると、「ここに入院してよかった」と言って、ベッドから下り、膝を曲げ伸ばしする運動を披露した。

 東口さんは「復活したな。みんなは手伝っただけで、自分の力やで」と滝さんの回復を喜んだ。

 東口さんは、入院患者の栄養管理に取り組む栄養サポートチーム(NST)の統括役だ。患者は食欲不振やのみ込む機能の低下で栄養状態が悪化すると、感染症にかかりやすくなったり、病気からの回復が遅れたりしやすい。

 医師、看護師、栄養士、薬剤師らで構成されるNSTは、こうしたリスクの予防が仕事。病院食を残さないかや、のみ込む時にむせないかなどを患者に尋ね、食事にとろみをつけたり、分量を変えたりするなど、個々の患者の状況に適した形に調整する。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事