文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

トキソプラズマの母子感染…妊婦用の保険薬登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
トキソプラズマの母子感染…妊婦用の保険薬登場

 妊婦が感染すると、胎児の脳や目に障害が出たり、流産・死産を引き起こしたりすることもある寄生虫のトキソプラズマ。9月に妊婦が服用できる初の保険適用薬が発売された。胎児の感染や重症化を防ぐ効果がある。

  哺乳類などに寄生

 トキソプラズマは哺乳類や鳥類に寄生する。感染して間もない猫のフンにも含まれる。生肉や加熱が不十分な肉を食べたり、猫のフンが混じる土や水が誤って口に入ったりして、感染することがある。

 通常は感染しても、ほとんど症状が出ない。ただ、妊婦の場合は、胎盤を介して胎児に感染する可能性があり、注意が必要だ。

 国内では推計で年間約1000人の妊婦が新たに感染し、約100人の感染児が生まれる。このうち明らかな障害がみられる重症児は10人程度。生まれてしばらくして症状が出ることもある。

 国立感染症研究所寄生動物部室長の永宗喜三郎さんは「妊娠中は火を十分に通した肉を食べ、野菜や果物はよく洗う。新たに猫を飼い始めないことも予防策として有効です」と話す。

 妊婦を対象に、免疫の有無を調べる抗体検査の費用を公費助成する自治体も一部ある。採血で簡単に調べられ、妊婦健診を行う医療機関の半数程度で抗体検査を実施している。

 東京都の会社員女性(40)は1月、妊娠を機に抗体検査を受けた。結果は陽性。精密検査で妊娠6週ごろに感染したことが分かった。新婚旅行で東南アジアに行っており、「サラダなどの生野菜が汚染されていたのかも」と振り返る。

 海外ではスピラマイシンという薬で治療するのが一般的だが、国内では当時まだ販売されていなかった。女性は出産まで同じ効果があるとされるアセチルスピラマイシンという抗菌薬を服用した。生まれた女児は、幸い感染を疑う症状もなく経過観察中だ。

 ただ、この抗菌薬は別の感染症の薬として承認を受けており、トキソプラズマ感染の治療に使うと保険が利かず、処方する医療機関も限られていた。日本産科婦人科学会は2011年、スピラマイシンの導入を厚生労働省に要望。これを受けて製薬企業が製造販売に向けて動き出し、保険適用が実現した。

  検査の増加予想

 服用方法は、妊娠中の感染またはその疑いが分かった時から、1日3回、2錠ずつを飲み続ける。海外の報告では、重症で生まれてくる赤ちゃんを8割以上減らす効果があった。治療に保険が使えるようになり、抗体検査を受ける妊婦の増加が予想される。

 ミューズレディスクリニック(埼玉県ふじみ野市)院長で産婦人科医の小島俊行さんは、「胎児へのうつりやすさや重症化のリスクは、妊婦が感染した時期で異なる。感染が分かったらまず正しい情報を得て対応することが大切。主治医の説明で不安が解消されない時は、診療経験が豊富な医師のカウンセリングを検討してほしい」と話す。

 相談できる医療機関や感染予防の具体的な内容を知りたい時は、母子感染に関する専門医らの研究班(http://cmvtoxo.umin.jp/)や、患者会「トーチの会」(http://toxo-cmv.org/)のサイトが参考になる。

 (中島久美子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事