文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

医学部入試の規範作成へ…公平な選抜方法、募集要項での周知方法など検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 複数の大学の医学部入試で不正な得点操作などが判明したことを受け、医学部を持つ大学や病院で作る「全国医学部長病院長会議」は16日、公平、公正な入試のあり方に関する規範を1か月以内に示すことを明らかにした。医学部を持つ全国の大学に、規範に基づき入試を改善するよう促す。

 同会議は小委員会を設け、受験生の性別、浪人年数、地域受験枠などを踏まえた公平な選抜方法や、募集要項などでの周知方法について検討する。

 この日、小委員会の委員長を務める嘉山孝正・山形大医学部参与は記者会見し「入試の眼目は良い医療人になり得る人材をとることだ」と強調。浪人年数を例に挙げ「合否判定の材料だと募集要項に示せば、受験生の判断材料になる。受験生が不公平と思わない要項を作りたい」などと語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事