文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

健康・ダイエット

ピーマンの肉詰めおでん種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ピーマンの肉づめおでん種

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、ピーマンを使った変わり種おでんレシピ「ピーマンの肉詰めおでん種」のご紹介です。あすから師走。そんな冬の時期に食べたいものと言えば、「鍋! 辛いもの! 肉まん! おでん!」 ではないでしょうか。

 なかでもおでんは、練り製品のうま味が染み出て、様々な食材をおいしく味わえる、冬の定番料理ですね。今ではおでんセットが販売されており、ただ加熱するだけで完成するお手軽なものがあります。そこに、オリジナルの具を一品入れて、さらにおいしく味わいます。

 ピーマンのヘタを取り、次に実の形を崩さないまま種を取ります。すると、ぽっかりと空いた穴に何か詰めたくなります。今回は、合いびき肉にしました。ピーマンとの相性が良いのです。

 ピーマンに含まれるピラジンは、ピーマンの香りとなる成分です。血液の循環に作用して健康管理に役立ちます。ビタミンAやCの含有量が多いので、たんぱく質と組み合わせると、吸収率がアップし、体の組織作りに役立ちます。おでんの汁に入れて煮ることで、苦手野菜の克服にもぴったり。おでんを食べ進めると、ピーマンの味がよい箸休めになり、舌に新鮮な味を届けてくれて、他の具もさらにおいしくいただけるんです。

 一番好きなおでんの具は?という問いは場が盛り上がる質問です。ちなみに、私は「ちくわぶ」です。あのもちもちとした食感は最高ですね。今日はピーマンの肉詰めおでん種と、ちくわぶで、おいしいおでんを楽しみましょう。

[作り方]

(1) ピーマンはヘタを落として、中身の種をとる。中に片栗粉をまぶしておく。

(2) 合いびき肉、ショウガ、ニンニク、パン粉、白ゴマ、塩をよく混ぜ合わせ、(1)のピーマンの中に詰めていく。隙間ができないように丁寧に押し込んでいく。

(3) お好みのおでんの具と一緒に煮ていき、火が通れば完成。

 (レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事