文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

健康・ダイエット

秋のキノコごはん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
秋のキノコごはん

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、秋の味覚、キノコをたっぷり使用したレシピ「秋のキノコごはん」のご紹介です。食欲の秋を満喫する食材といえば、キノコがありますね。キノコをたっぷりと使い、おいしい混ぜご飯を楽しみます。

 エリンギには多くの食物繊維が含まれています。腸内環境の改善や、生活習慣病の予防に役立ちます。糖質やたんぱく質の代謝で役立つナイアシンやカルシウムの吸収を助けるエルゴステロールなど多くの栄養素が含まれています。

 白米を炊いておき、別にいためた具材を後から混ぜる方法なので、炊き上がりの心配がないのがうれしいところ。今回は白米で作りましたが、もち米にしたり、十六穀米を混ぜてアレンジをしたりしてもおいしいですよ。

 高野豆腐が入っているのも給食レシピのポイントです。手軽にたんぱく質を補給できるうえ、味も損ねずにおいしくいただけます。高野豆腐というと板状のイメージがあるかもしれませんが、細切りタイプがスーパーなどで販売されています。混ぜご飯などを作る時に便利です。おすすめ食材も活用しつつ、おいしくて健康的な混ぜご飯を楽しみましょう。

[作り方]

(1) ごはんを炊いておく。

(2) ニンジンは千切り、シメジは小房に分ける。シイタケ、エリンギはスライスし、高野豆腐は水につけておき、戻ったら絞っておく。

(3) フライパンを熱し、サラダ油を引いてから、(2)の食材をいためる。火が通ったら調味料を入れて味付けをして、炊き立てのごはんに混ぜて完成。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事