文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

健康・ダイエット

焦がしトマトスパゲティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
焦がしトマトスパゲティ

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、トマトの甘味を引き出したレシピ「焦がしトマトスパゲティ」の紹介です。

 トマトは加熱すると、酸味の成分が飛び、甘味が増します。その力を利用して、フライパンにオリーブ油を入れてから、しっかりと加熱します。ポイントはトマトをひっくり返さないこと。片面だけの焼き目で十分です。あまりいじると軟らかいトマトの身が崩れてしまいます。

 そんなトマトは、栄養の宝庫と言われるくらい栄養価の高い野菜です。トマトの皮にはペルオキシダーゼと言われる酵素が含まれています。ペルオキシダーゼには酸化物質から体を守る作用があり、健康づくり、元気な毎日を過ごすために役立ちます。

 さらに味付けでは、ケチャップを使用することで、トマトが苦手な人でも食べやすい味にしてあります。おいしいトマトで、毎日を健康に過ごしましょう。

[作り方]

(1) スパゲティはゆでておく。タマネギはスライス、ベーコンは短冊切りにする。トマトはスライスにして、フライパンを熱して、オリーブ油(a)をひいて片面に焦げ目が付くまで加熱する。

(2) 焦げ目の付いたトマトを取り出したフライパンに、オリーブ油(b)を入れて、ベーコン、タマネギをいためる。食材に火が通ったら、調味料を入れて、一煮たちさせる。

(3) 皿にスパゲティを盛り付けて、上から(2)のソースをかけ、焦げ目の付いたトマトと粉チーズ、パセリをふりかけて完成。

 (レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事