文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

健康・ダイエット

食べやすい揚げ鶏のオニオンソース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
食べやすい揚げ鶏のオニオンソース

 こんにちは。在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 在宅での介護食作りを考える時には、そのお家の状況の把握や、どんなことならできそうなのかを確認することが必要です。例えば経済力、介護にかける時間、介護者の性別……など。

 介護者と話をしていくうちに、食べやすい食事は作りたいけれど、「材料や器具をそろえて調理をする手間が……」、簡単に済ませたいけれど「レトルトの介護食は味つけが……」など、食事作りに対する考えを聞き出せることもあります。

 介護する方の状況や優先順位に合わせた食事作りの提案も、在宅に関わる管理栄養士にとって大切な仕事です。

 この連載でも、調理の工夫や冷凍保存などを紹介してきましたが、今回は「介護用に加工された食材」を使用した肉料理を紹介します。

 前回もご紹介したコンニャク同様、自宅で味付けができるので、レトルト食を苦手とする方にもおすすめです。また、冷凍保存が可能なので、必要な時に必要な分だけ使用できるのも利点の一つと言えます。

 介護食作りは、介護する側の時間や気持ちの余裕も大切です。

 時には便利な製品を使う方法も、選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか

[作り方]

(1) 軟らかく加工された鶏肉は、食べやすい大きさに切る。

(2) (1)に片栗粉をまぶし、フライパンに浅く油を入れて熱し、表面がきつね色になるまで揚げ焼きにする。

(3) タマネギはすりおろし、ソースの材料とともに小鍋に入れて、ひと煮立ちさせる。

(4) (2)の鶏肉に、(3)のソースをかけてできあがり。あれば粉パセリなどをふる。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

 (レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

itou-140-200

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事