文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

科学

科学

精神科、1年以内に退院が8割以上…新規入院患者60万人調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 精神科に新たに入院した患者の8割以上は、1年以内に退院しているとする調査結果を、医療経済研究機構などの研究チームがまとめた。

 入院期間が長期化した場合、精神障害者の社会復帰が難しくなる傾向があるため、厚生労働省は2014年、新たに入院する場合は原則1年未満で退院する体制を確保するよう、医療・福祉関係者らに求める指針を策定している。

 研究チームは、厚労省のデータベースを活用し、14年4月から16年3月にかけて、全国約1620か所の精神科病院などに新規に入院した約60万6000人について、退院までの日数を調べた。

 その結果、患者の64%は90日以内に退院し、1年以内では86%に上った。認知症患者が対象の病棟に限ると68%だった。90日以内の退院率は病院ごとに大きく異なり、精神科救急は46~96%、認知症治療病棟では0~88%となった。

 調査対象に、精神科に入院する患者の約2割を占める生活保護受給者は含まれていない。

 研究チームは「病院によって退院率に差があることが確かめられた。各病院には、治療方針を検討する参考にしてほしい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

科学の一覧を見る

最新記事