文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

本庶さん「生命科学に光を」…研究費増を文科相に要請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 今年のノーベル生理学・医学賞の受賞が決まった 本庶佑ほんじょたすく ・京都大特別教授(76)が11日、柴山文部科学相を表敬訪問した。本庶さんは「生命科学はテーマが広く、結果が出るまでに時間がかかる。こういう分野に光を当て、(基礎研究費を)少しずつでも増やしてほしい」と要請した。これに対し、柴山文科相は「基礎研究の金額などで支援させていただきたい」と応じた。

 本庶さんは、がんを攻撃する免疫細胞の働きを高める手法を開拓し、新たながん治療薬「オプジーボ」の開発に貢献したとして、今年のノーベル生理学・医学賞に選ばれた。授賞式は12月10日にストックホルムで行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事