病院で書いてもらう文書の料金

保険きく紹介状 きかない診断書

 現在受診している医療機関から別の医療機関に移る際、よく「紹介状」を書いてもらいます。軽い病気なのに、むやみに大病院を受診する患者を減らそうと、紹介状を持っていないと初診料などに特別料金が上乗せされる病院も増えました。

 紹介状というと、医師から医師への私信のような響きがありますが、それは間違い。紹介状は医療機関などが患者情報を共有するための文書として、公的医療保険で値段が定められています。

 診療情報提供書といい、2500円(自己負担3割なら750円)です。医療機関以外の介護施設などに紹介する場合にも使われます。

 患者が、主治医とは別の医師の意見を聞く「セカンドオピニオン」を求めた場合の紹介状は、検査結果や画像診断の情報なども付けて、倍の5000円(同1500円)かかります。

 一方、勤め先や生命保険会社に提出する診断書類は、保険がききません。診療と直接関係のないサービスだとして、自費での徴収が認められています。値段は医療機関が各自で決めるため、まちまちです。

 産労総合研究所(東京)が全国400余りの医療機関からの回答をまとめたところ、病名などの簡単な内容の診断書の平均費用は約2500円程度、複雑な内容のものだと平均3700円程度でした。

 医療機関によって差が大きく、簡単な診断書では最低500円程度から最高は5000円程度、複雑な内容のものだと最低1000円程度から最高1万6000円程度まで幅がありました。保険会社の指定用紙に書いてもらうと、高くなる場合があります。

 病院が値段を決める際には、近隣の病院を参考にしている例が多いようです。このため地域による差もみられ、東日本は西日本に比べ、高い傾向にあります。

 また、同じ病院で複数の診療科にかかっている場合、診療科ごとに費用がかかることがあります。確認しましょう。

Outbrain

【食べること 生きること~歯医者と地域と食支援】痩せてきたのは年のせいじゃない

【夫と腎臓とわたし~夫婦間腎移植を選んだ二人の物語】私は「産める体」になったの?…手術から1年 検査の結果は

回想サロン動画2本立て、昔の記事見て思い出語り合う~無料でご覧になれます

【五十嵐康彦の「足裏もみで美しくなる!」】競争社会の疲れ・だるさに効く「腎臓」「肝臓」「甲状腺」ゾーン

【伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」】レンコンのとろみスープ

【ウェルネスとーく】[女優・松原智恵子さん](上)人ごとと思えぬ「認知症」 重い話をユーモア交え温かく

【街で障害のある人と出会ったら~共生社会のマナー】「こんにちは」と「ありがとう」を手話で伝えてみよう!

【子どもの健康を考える「子なび」】食物アレルギー(9)患者6~7割 3年で卵半個

【心のアンチエイジング~米寿になって思うこと】見た目の若さは体の若さ

【「病んでるオトナの読む薬」】うつの46歳母が「もう、料理を作りませんっ!」…でも、非料理宣言のシナリオを描いたのは…

【Dr.えんどこの「皮膚とココロにやさしい話」】「温泉行けた」「外出増えた」 乾癬患者の苦悩を吹き飛ばした生物学的製剤

【「教えて!ドクター」の健康子育て塾】「赤ちゃんが泣き止まない」 どうすればいい?…夜泣きへの対処法

【生きやすい社会に学ぶアイデア】こころが楽になる支援とは――オープンダイアローグに学ぶ(1)

【ピック病(認知症)介護『父と私の事件簿』】父の部屋から見つかる大量のアメと格闘した日々

【在宅訪問管理栄養士しおじゅんのゆるっと楽しむ健康食生活】「卒業できるデイサービス」ってどんなところ?

【うんこで救える命がある】積もったストレスが判断を鈍らせる

【ごぼう先生のイス健康体操2.0】認知症の方が笑顔で働く「ちばる食堂」

【いつか赤ちゃんに会いたいあなたへ】連休はどこも子ども連れだらけ 落ち込んでしまった妊活中のあなたへ

【心療眼科医・若倉雅登のひとりごと】医療機関は視覚障害者の相談窓口として適しているか

災害時の避難、医療、防災…避難生活や防災対策に役立つ情報