文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宋美玄のママライフ実況中継

コラム

「夫に育休を取られる方が面倒」というママも 男性は家事と育児のインターンシップを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 前回の 「産後うつ」のコラムに多くの反響をいただきました。男性が育児休業を取得する、もしくは1週間でもいいから有給休暇を取る、という産後うつの解決策に対し、賛成意見や「2人目の時は、夫が休みを取ってくれて本当に助かった」などの体験談もたくさんありましたが、その一方で、「取れるわけがない。男性の育休なんて恵まれた層だけの話」「夫が育休なんて取ったら、世話をしないといけない人間が増える。自分だけだったら適当でいいが、3食ちゃんと作らないといけない」のように、そもそも取れない、取られる方が面倒、という否定的なコメントもありました。

 夫が家にいる方が面倒、という声は衝撃的ですが、実際には多いのかもしれません。自治体や産院が主催し、妊婦と夫とが参加する「両親学級」のようなセミナーがありますが、教えるのは、立ち会い出産や赤ちゃんの 沐浴(もくよく) についてなど。夫に対しては、「最低でも自分の身の回りのことは自分でする」という基本的なことから教える必要があるということでしょうか。

仕事から全く離れ、子育てに専念する経験を

「夫に育休を取られる方が面倒」というママも 男性は家事と育児のインターンシップを!

東京のレゴランドに行きました

 先日、若手の男性の国会議員と、男性の育休取得について意見交換をしました。彼も、出産には休みを取って立ち会ったが、それ以降はまったく取らなかったそうです。夫は出産には立ち会うけれど、育児のスタートをフォローするのは、おじいちゃんとおばあちゃん、というケースは多いと思います。ですが、私は、男性にも可能な範囲で有休や育休を取り、育児と家事のインターンシップ(見習い)をした上で、子育ての当事者になっていただきたいと思います。

 まずは定時に帰宅、という考えも悪くはないのですが、できれば、ある期間は仕事から全く離れ、家事と育児だけに従事する経験をしてほしいのです。そうすることで、仕事に戻った後も、夫婦で子育ての大変さや難しさを共感、共有できるようになります。母親の孤立も防げるのではないでしょうか。

社会で男性がはく「下駄」を低くする

 男性育休のメリットは、もう一つあります。産休や育休を取る可能性がある女性は、雇用の際に敬遠されがちです。これが、「子供ができたら男女関係なく一定期間休むのだ」ということになれば、男性のはいている“下駄”が低くなり、性別にかかわらず活躍しやすい社会になるのではないでしょうか。

 育休中の給付金が4年前に引き上げられたこともあり、大企業を中心に男性の育休取得率は上がってきているそうです。育児に積極的に関わりたい男性も少なくありませんし、実際に取得した男性たちからは「貴重で充実した時間だった」という声も聞かれます。これが、当たり前のことになってほしいと思います。(宋美玄 産婦人科医)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

son_n_400

宋 美玄(そん・みひょん)

産婦人科医、医学博士。

1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくはこちら

このブログが本になりました。「内診台から覗いた高齢出産の真実」(中央公論新社、税別740円)。

宋美玄のママライフ実況中継の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事