文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

安心の設計

ニュース・解説

排せつケア最新事情…安易なおむつ使用 避ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

自力でトイレ 寝たきり防止も

排せつケア最新事情…安易なおむつ使用 避ける

 介護の現場でおむつの使い方を見直す動きが出ている。安易におむつを使わないことで、自分でトイレに行けるよう促す取り組みだ。お年寄りの寝たきりなどを防ぎ、職員の負担も減るという。

 富山県 射水いみず 市の特別養護老人ホーム射水万葉苑(定員110人)。排せつケアで先進的な取り組みをする施設として視察などが相次いでいる。

 「今日はこれを楽しみにしていたよ」。殿村 外際ときわ さん(102)は食堂で、うれしそうにアイスティー3杯を飲み干した。食卓には、野菜ジュースやスポーツドリンクなどの飲み物が並ぶ。いつでも好きな物が飲める。まるでドリンクバーだ。

id=20181009-027-OYTEI50014,rev=4,headline=false,link=true,float=right,lineFeed=true

好みの飲み物を楽しむ入所者たち(富山県射水市の「射水万葉苑」で)

 同施設は2007年頃からこうした場を設けた。水分補給をしやすい環境をつくることで、トイレに行きたい気持ちを促すのが狙いだ。自室から、食堂、トイレに移動する機会を増やし、筋力や食欲の向上、寝たきりの防止も期待している。

 実際、7年前には6割以上がおむつを使っていたが、現在はほぼゼロ。何年も寝たきりだったのに、自分でトイレに行けるようになったり、おむつを使わなくなったりする人も増えたという。

 おむつの心配が少なくなったために、外出や一時帰宅が可能になり、家族との時間を過ごせる人が増えた。

 一方、職員にゆとりができ、「お年寄りの状況をしっかり把握できたり、リハビリに付き添ったりする時間が取れるようになった」と、同施設の川口裕子介護長は話す。

 おむつの使い方を見直したのは、「安易におむつを使うことが、利用者の心身衰弱につながっているのではないか」と考えたからだという。

 長期間、必要以上におむつを使い続けたことで、トイレに行きたいという気持ちがなえたり、尿意などを感じなくなってしまったりした利用者も少なくなかったという。トイレに行かなくなることで体を動かす機会も減少。食欲もなくなり、かむ力やのみ込む力が急速に低下して、寝たきりにつながった例もあった。

 川口介護長は「施設側の都合を優先させて、トイレに自分で行く力を衰えさせてしまった」と振り返る。

id=20181009-027-OYTEI50016,rev=4,headline=false,link=true,float=right,lineFeed=true

「小鹿なでしこ苑」では、一人ひとりの状況に合わせ、トイレへ誘導する時間など細かな計画を立て、おむつの使い方を見直した

 静岡市の特別養護老人ホーム小鹿なでしこ苑(定員96人)は16年9月から、おむつのサイズを見直した。約2割の入所者について、一人ひとりが排せつする時間帯と量を記録したところ、ほぼ全員が必要以上に大きなおむつを使っていることが分かったためだ。

 取り組みの中心になった池谷彩さん(28)は、「『尿や便がおむつから漏れたら、次に交換する職員が嫌だろう』と、とにかく大きいおむつをつけてしまいがちだった」と明かす。

 そこで、排せつ量に合わせて、コンパクトなタイプのおむつに変更。トイレ誘導に力を入れた結果、おむつを使わなくて済む人も出てきた。皮膚のトラブルも減り、おむつ代の節約にもつながった。池谷さんは「トイレに行きたいと思っても、おむつにするしかないとあきらめた人もいたのではないか」と話す。

 愛知県の小牧市民病院の医師で、NPO法人愛知 排泄はいせつ ケア研究会理事の吉川羊子医師は、「必要性を十分に見極めないまま、おむつが使われている例もある。適切なケアが寝たきりを防ぎ、心身の状況の改善につながる」と話している。

排せつケア研修が人気

 おむつの使い方など排せつケアの重要性については、厚生労働省も注目している。

 同省は今年4月から、一人ひとりのおむつの使用状況を再検討した介護施設に手厚い報酬を出すようにした。

 介護や医療関係者の間では、おむつの使用法などに関する研修の受講希望者が増えている。例えば、はいせつ総合研究所(京都)の「おむつフィッター」研修。おむつの特性を学んだうえでなるべくおむつに頼らない排せつケアの手法を学ぶ内容で、数か月待ちの状態という。

 同省の担当者は「お年寄りの生活の質を高めるうえでも排せつケアのあり方は大切。適切なケアによって、できるだけ自力に近い形で排せつができるようにしてくれれば」と話している。

 (大広悠子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

安心の設計の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事