文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

アルツハイマーに遺伝子治療、マウス実験では記憶力回復

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京医科歯科大の岡沢均教授(神経病理学)らのチームは、3大認知症の一つである「アルツハイマー病」の遺伝子治療法の開発に乗り出す。マウスの実験では低下した記憶力が回復したとし、論文が英科学誌に掲載された。

 アルツハイマー病では、異常なたんぱく質「アミロイド βベータ 」が脳内に蓄積し、神経細胞が死滅する。患者は年々増えており、2025年には高齢者の5人に1人がかかるとされるが、根本的な治療法はまだない。

 研究チームは、マウスの脳などを調べ、アミロイドβがたまり始める前に、神経細胞のつなぎめ(シナプス)を作るのを促すたんぱく質が減ることを突き止めた。このたんぱく質を作る遺伝子をアルツハイマー病のマウスに投与したところ、シナプスが正常に作られ、記憶力も回復したという。岡沢教授は「1回の治療で効果が長期間持続することが期待できる」としている。

 アルツハイマー病に詳しい森啓・大阪市立大特任教授の話「マウスの病態が、人でも同じかどうか明らかにする必要があるが、認知症の発症後でも記憶力を回復できる可能性を示した点で注目される」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事