文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

健康・ダイエット

ゴーヤのクルミ白あえ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
ゴーヤのクルミ白あえ

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、ゴーヤをおいしく食べるレシピ、「ゴーヤのクルミ白あえ」のご紹介です。

 ゴーヤといえば夏の野菜。なぜ今?と思う方もいらっしゃるかと思います。実は、ゴーヤの生命力はとても強く、秋になった今でも収穫できる家庭菜園がたくさんあるのです。そこで、「松丸先生、ゴーヤがまだあるんだけど、何かいいレシピない?」と保護者や子どもたちからよく聞かれるのです。ということで、おいしいレシピを紹介しましょう。

 ゴーヤに含まれるモモデルシンという成分、実は苦みのもとです。ゴーヤの特有成分で、血糖値の調整や、消化吸収を助ける作用があります。ビタミンCなども含まれており、たんぱく質からのコラーゲン生成に役立ちます。

 ゴーヤが苦手な人も、このレシピで、ハムと白あえをたっぷりつけて食べてみてください。おいしくて、もう一口とお箸が伸びてしまうこと請け合いです。小鉢にもぴったりですね。ゴーヤの苦みは、白あえで楽しみましょう。

[作り方]

(1) ゴーヤは縦半分に切り、中のわたをスプーンでとる。その後、スライスして、塩もみをしてから、お湯をかけて塩を流す。煎りクルミは包丁でみじん切りにしておく。

(2) ハムは短冊切り、絹豆腐はペーストにしておく。

(3) フライパンを熱し、ゴマ油を引いて、ゴーヤとハムを中火でいためる。

(4) ボウルに(3)の食材と、クルミ、絹豆腐、調味料を入れて混ぜ合わせて完成。

 (レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事