文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

健康・ダイエット

サトイモと手羽中の軟らか煮物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
サトイモと手羽中の軟らか煮物

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、軟らかく煮込んだ特製レシピ、「サトイモと手羽中の軟らか煮物」のご紹介です。

 給食では、鶏モモの切り身を使いますが、ご家庭ではぜひ骨付きの「手羽中」を使用してみてください。ほろほろと軟らかくなったお肉は感動ものです。圧力鍋などを使用しなくても軟らかく煮ることができますので、ぜひこのレシピを参考にしてください。

 鶏肉と一緒に煮込むと、トロリとしておいしいのがサトイモ。食物繊維が多く含まれていますので、便秘の解消や、肌トラブルにも効果的です。

 鶏肉を軟らかくするポイントは、鶏肉を煮る前に、全面に焼き目を付けること。弱火で煮ること。この2点です。ポイントを抑えるだけで、軟らかくておいしい煮物が作れます。煮ている時間は至福の時間です。家によい香りを漂わせて、食欲の秋を楽しみましょう。

[作り方]

(1) フライパンにサラダ油を引いて熱し、手羽中に焼き目が付くまで加熱する。全面に焼き目が付くように、何度か向きを変える。

(2) シイタケは水で戻してから、スライスする。サトイモは皮をむいてから食べやすい大きさに切る。

(3) 鍋に水と調味料と食材を入れて、落とし蓋をしてから、弱火で、できたら最弱の火力でゆっくり煮る。約60分煮て完成。

 (レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事