文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療部発

コラム

乳がんのショック乗り越え「再び誇り高く美しく」をモットーに40年~勇退する乳がん患者会「あけぼの会」会長のワット隆子さんに聞く~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ちょうど40年前の1978年10月に発足した乳がん患者会「あけぼの会」。会長として活動を引っ張ってきたワット隆子さんが勇退を決めました。これまでの歩みを振り返りながら、患者会の役割、乳がんをめぐる変化や課題について語ってもらいました。(聞き手・中島久美子、撮影・米田育広)

「賢く、自立した患者になってほしい」 その理想に近づいてきた

――引退を決めた理由を教えてください。

乳がんのショック乗り越え「再び誇り高く美しく」をモットーに40年  ~勇退する乳がん患者会「あけぼの会」会長のワット隆子さんに聞く~

 「いつ身を引くか」は、ずっと考えていました。きりの良い40年までは、というみんなの後押しもあって今日までやってきました。

 理由を一つ挙げるなら、乳がん患者の自立でしょうか。「賢い患者になってほしい、自立してほしい、知識も自分なりに得てほしい」。一貫して、そう伝えてきました。今は、自分の病状をはっきりと把握して、やらなきゃいけないことをやるという理想の姿に近づいている。誰が教えるともなく、患者は自立できています。その点で、私の一つの役割は果たせたと思うところはあります。もちろん、私だけの力ではないとしても。

――医師と良い関係を築こう、患者が医師を選ぼうとも呼び掛けていましたね。

 医師を選ぶのは、とても大事なこと。特に乳がんは、ほかのがんと比べても長く付き合うことになるので。医師とよい関係が築けているかを確かめるポイントは、受診した帰り道の自分の気持ち。気分が良くなければ、受診前よりも落ち込んでいるようならば、これは改善の余地がある。医師に会った後の気持ちが晴れやかではない、もやもやしている、嫌味を言われたとか、傷ついたとか、打ちひしがれて帰るようだったら、考えたほうがいい、先は長い、とアドバイスしてきました。

会設立当初はがん告知が進まず 病院は会のパンフレット配布を拒否

――会を設立した当初は、がん告知が進んでいませんでした。

 あけぼの会のパンフレットを病院内に置いて、患者さんに配ってほしいと依頼しても「ノー」。原則、がんを告知していないのにパンフを渡せば、「私、がんなの? 言われていないけれど」と、結果的に患者に告知することになる、と。だから「協力できない、ごめんね」という時代でした。

――医療機関の協力を得るのが難しいなかで、メディアを通じて仲間を募ってきましたね。

 そう。私が手術を受けたころは、がんを悲観して患者が自殺したり、子どもを道連れに心中したり、といったニュースが相次いでいました。「乳房を切ったら女じゃない」と離縁されたとか、婚約を解消されたとかね。そういう話がいくらでもあって。私自身も、手術後にショックで精神科を受診しました。立ち直ったけれど、同じような悩みを持つ人とつながりたい、と考えて新聞に投書したのです。

1 / 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療部発12最終300-300

読売新聞東京本社編集局 医療部

1997年に、医療分野を専門に取材する部署としてスタート。2013年4月に部の名称が「医療情報部」から「医療部」に変りました。長期連載「医療ルネサンス」の反響などについて、医療部の記者が交替で執筆します。

医療部発の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事