文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

大人の健康を考える「大人び」

コラム

認知症予防(5) カレンダーで日時確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

  このシリーズでは、日本認知症予防学会理事長の浦上克哉・鳥取大教授に聞きます。(聞き手・諏訪智史)

認知症予防(5) カレンダーで日時確認

 「今日は、何月何日ですか?」。認知症の検査で、よく行う質問です。認知症は最近の記憶が抜け落ちやすい特徴があり、日付や曜日が正しく認識できるかを調べるためです。

 病院の「もの忘れ外来」などで患者を診ていると、しばしば患者の家族から「カレンダーに書いたことは、忘れにくいみたい」と聞かされることがあります。

 そこで、勧めているのが、カレンダーを目につく所に貼り、日々の予定を書き込むのを習慣にすることです。病気の進行そのものを抑えられるわけではありませんが、日時の感覚が薄れるのを防ぎ、張り合いのある生活を送ることにつながります。

 友人と会ったり、習い事に行ったりするような用事がなくても、生活に密着したことを書き、予定を「見える化」するのがポイントです。例えば、買い物や病院に行く日、可燃ゴミや不燃ゴミの日、自治会費を払う日などでもよいでしょう。予定を目で認識することは、行動意欲を高めるだけでなく、持ち物を準備したり、出発時間を調べたりすることにもつながり、脳にとっても良い刺激が与えられるはずです。

 逆に、本人が続けていた家事や仕事を取り上げるなど、行動を制限するような行為は自信を失わせ、かえって症状を悪化させる恐れがあります。もの忘れが増えたとしても、何もできなくなるわけではありません。習慣として身についたことに関する記憶は、認知症になっても衰えにくいものです。本人ができることを見つけ、家庭や社会での役割を保つことが重要なのです。

【略歴】

浦上 克哉(うらかみ かつや)

1983年、鳥取大学医学部卒。同大学助手、講師を経て、2001年から教授。大学病院などに「もの忘れ外来」を設け、認知症の早期発見と予防に取り組む。日本認知症予防学会理事長。著書に「認知症&もの忘れはこれで9割防げる!」(三笠書房)などがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

otonabi_logo_200

大人の健康を考える「大人び」
大人に特有の体の悩みに応えるコーナーです。各テーマの専門家がアドバイスします。

大人の健康を考える「大人び」の一覧を見る

最新記事