文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

台風や大雨 避難早めに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

頼れる人を作る

 

 台風や豪雨による被害が相次いでいる。体力が十分ではない高齢者は万一への備えを怠らず、防災情報を確認するとともに、早めの避難を心がけたい。

■避難場所を確認

台風や大雨 避難早めに

 災害時にどこに避難すればよいかを知らないと、避難をためらうことになる。避難経路とともに、自治体のハザードマップなどで調べておく。危機管理教育研究所(東京)の国崎信江代表は「土砂崩れや増水の恐れがあるので、平らな道でも、山裾や川のそばなどは避けて」とアドバイスする。

 台風21号により9月、大阪湾では過去最高レベルの高潮が発生した。国崎代表は「過去の経験を上回る災害が多発している。『この前は被害がなかったから、今回も大丈夫』と考えるのは危険」と強調する。

 自治体の防災情報メールや、スマートフォンの防災アプリもある。スマホや携帯電話が不得手な場合は、家族などに依頼し、受信できるように設定する。親と離れた地域に住む子どもは、親が住む自治体の情報を受信できるよう設定しておくと、状況を把握できる。

 防災行政無線は、窓を閉めていたり大雨が降っていたりすると聞こえないことがある。ラジオ型の戸別受信機を貸し出す自治体もある。必要なら利用したい。

 避難のタイミングについて、国崎代表は「1時間の雨量が30ミリ以上と予想されたら準備を始め、状況をみて早めに避難して」と話す。

 近所の人と「災害時には一緒に避難しよう」と話し合っておいたり、車を持つ近所の人に「避難する時は乗せてほしい」と頼んでおいたりするなど、頼れる人を作っておく。国崎代表は「近所付き合いこそ最高の防災力」と話している。

■体を冷やさない

 避難する時には何が必要だろうか。セコムIS研究所リスクマネジメントグループの舟生岳夫主務研究員は「高齢者は体温の変化に気づきにくい。体を冷やしたりぬらしたりしない服装が重要」と話す。寒さをしのげる服を出しやすい所に用意し、避難時はカッパを着る。

 安全な避難を優先し、なるべく荷物は減らす。のみ込む力が弱い場合は、パック入りのアルファ米を用意し、避難所に持っていく。お湯を多めに入れると軟らかくなって食べやすい。

 「就寝時などには、常備薬や入れ歯、補聴器などは持ち出しやすいようまとめておくと便利」と提案するのは同研究所ヘルスケアグループの石井純夫研究員。口内が汚れていると 誤嚥ごえん 性肺炎になりやすいので、歯ブラシと 口腔こうくう ケア用ウェットティッシュも持参する。体調悪化で会話ができなくなった場合に備え、かかりつけ医の診察券やお薬手帳、アレルギーがある場合は書いたメモなどを用意しておくと、医師や救急隊員が対応しやすいという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事