文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

進行がん患者の長生きを可能に…「驚きの薬」オプジーボ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
進行がん患者の長生きを可能に…「驚きの薬」オプジーボ
id=20181002-027-OYTEI50004,rev=2,headline=false,link=true,float=right,lineFeed=true

本庶氏の研究成果をもとに作られた、小野薬品工業のがん治療薬「オプジーボ」

 1日にノーベル生理学・医学賞の受賞が決まった 本庶佑ほんじょたすく ・京都大特別教授(76)の業績を基に開発された、がん治療薬「オプジーボ」(一般名・ニボルマブ)は幅広いがん治療への適用が期待されている。

 オプジーボは、遺伝子組み換えや細胞培養などの技術を駆使して製造するバイオ医薬品(生物学的製剤)。2014年9月に発売され、国内では当初、患者数が少ない難治性の皮膚がんの一種・悪性黒色腫の治療薬として承認された。

 その後、保険が利くがんの種類が増え、現在は患者数が多い一部の肺がんや胃がんなど7種のがんの治療薬として使える。製造販売元の小野薬品工業(大阪市)によると、2万5000人以上の治療に使われたという。

 日本以外も米国など60か国以上で承認されているほか、今も世界で50種類以上のがんを対象に臨床試験が進む。米国のチームが昨年春に発表した研究結果では、従来の治療法では長期生存を期待できなかった進行肺がん患者の5年生存率が16%に上った。

 西尾誠人・がん研有明病院呼吸器内科部長は「進行がん患者の長生きを可能にした驚きの薬」と語る。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事