文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療眼科医・若倉雅登のひとりごと

コラム

「まぶたの違和感」「目やに」の訴え……まれに視野異常が原因のケースも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 私たち医師は、よくわからない症状や視診上の異変があると、教科書や文献を調べて似た症状の記載がないかを探します。これをAコースとします。逆に、教科書や文献から知識を豊富に蓄えおけば、よくわからない症状や視診上の異変に出会ったとき、「あ、あれだ」と気付くことができます。こちらはBコースとしましょう。

 一般にAコースの成功率は高いですが、Bコースのやり方がうまくいくことは少ないようです。つまり、教科書的な知識をいくら蓄えても、それを実際に診療で活用できるかどうかは、別問題だと思われるからです。実際の臨床現場では、「教科書や文献」よりも「自身の臨床経験」を通して得た知識が功を奏することの方が多い気がします。

 やや自慢になりますが、以下は40年あまりの私の臨床経験が生きた例です。

眼科3軒回っても「異常なし」 違和感とれなかった男性

「まぶたの違和感」「目やに」の訴え……まれに視野異常が原因のケースも

 その患者は67歳の男性Nさんで、10年前から糖尿病の治療もしています。「9か月ほど前から、右目にいつも目やにがついている気がする」というのが来院の理由です。

 3軒ほど地元の眼科に行きましたが、目に異常はなく、目やにも問題になるほどではないとの見解でした。糖尿病のせいでもなく、「疲れや加齢のせいでしょう」などと言って目薬を処方した医師もありましたが、この違和感はずっと取れませんでした。

 そして4軒目に、普通の眼科ではなく、神経眼科を名乗る私の外来を選んだということです。確かにNさんの訴えである「目やに」や「かぶさる感じ」に見合う目の変化はなく、訴えの理由はわかりませんでした。しかし、なぜかその時、ふと思い出した過去の症例がありました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

201505_第4回「読売医療サロン」_若倉

若倉雅登(わかくら まさと)

井上眼科病院(東京・御茶ノ水)名誉院長
1949年東京生まれ。北里大学医学研究科博士課程修了。グラスゴー大学シニア研究員、北里大学助教授、井上眼科病院副院長を経て、2002年から同病院院長。12年4月から現職。日本神経眼科学会理事長、東京大学医学部非常勤講師、北里大学医学部客員教授などを歴任し、15年4月にNPO法人「目と心の健康相談室」を立ち上げ副理事長に就任。「医者で苦労する人、しない人---心療眼科医が本音で伝える患者学」、「絶望からはじまる患者力」(以上春秋社)、「心療眼科医が教える その目の不調は脳が原因」(集英社)、医療小説「茅花流しの診療所」(青志社)など著書多数。専門は、神経眼科、心療眼科。予約数を制限して1人あたりの診療時間を確保する特別外来を週前半に担当し、週後半には講演・著作活動のほか、NPO法人、患者会などでのボランティア活動に取り組む。

心療眼科医・若倉雅登のひとりごとの一覧を見る

最新記事