文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

ニュース・解説

「いつのまにか骨折」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

加齢につれ背骨が変形

 

「いつのまにか骨折」とは?
id=20181001-027-OYTEI50011,rev=3,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

   なんだか背中が曲がってきたの。孫から「おばあちゃん、背が縮んだ」って言われるし。

  ヨミドック  神経や筋肉に原因がある時もありますが、骨粗しょう症による「いつのまにか骨折」が心配です。

   でも転んでませんよ。背中が少し痛むぐらいで、年かなあって。

   骨粗しょう症は加齢などで骨がもろくなる病気です。病気が進むと、尻もちをつく、くしゃみをする、重い荷物を持ち上げるといったことがきっかけで、背骨の一部が骨折してつぶれることがあります。これが、いつのまにか骨折です。

   姿勢も変わるの?

   骨折で背骨が変形し、背筋が丸まってきます。身長が2センチ以上低くなった人は、いつのまにか骨折が疑われます。ただ、痛みには個人差があり、骨折に気付かない人も珍しくありません。

   怖いわね。

   もっと心配なのは、背骨の骨折範囲が広がる「骨折連鎖」です。背骨は小さな骨が積み重なった構造で、1か所つぶれると、それが引き金になって、2か所、3か所と骨折が拡大する恐れがあります。背中や腰の痛みなども大きくなり、日常生活に支障が出てきます。

   なぜ、年を取ると骨粗しょう症になるの?

   女性は60代以降、骨粗しょう症が増えます。骨の新陳代謝に女性ホルモンが関係するためで、閉経後、女性ホルモンの減少に伴って、骨の密度が低下し、スカスカになります。男性も高齢になると骨がもろくなりますが、女性の方が深刻です。

id=20181001-027-OYTEI50014,rev=3,headline=false,link=false,float=right,lineFeed=true

   いつのまにか骨折は、どうしたら分かる?

   X線を使った検査で背骨の変形の有無を調べたり、骨の密度を測定したりします。どの程度、精密な検査が必要かなどは、専門医に相談してください。

   日常生活でできる予防方法は?

   牛乳、小魚、大豆などカルシウムを多く含む食品をはじめ、バランスのよい食事を心がけて下さい。ウォーキングなど適度な運動を続けることも効果的です。

 (鈴木敦秋/取材協力=萩野浩・鳥取大学医学部保健学科教授、土谷明男・葛西中央病院長)

 

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事