文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

発見困難な食道がん、AIで判別するシステム開発…がん研有明病院など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 食道がんを内視鏡の画像から8割近い確率で判別できるAI(人工知能)診断支援システムを開発したと、がん研有明病院(東京都)と医療ベンチャー企業・AIメディカルサービスの研究チームが米医学誌に発表した。

 チームは、同病院の内視鏡検査で撮影した食道がん患者の画像8428枚をAIに学習させ、大きさが1センチ未満で、赤みや凹凸がわずかながんを判別できるシステムを開発した。判別速度は画像1枚あたり0・02秒と短いのも特徴だ。

 このシステムを使い、がんの画像162枚を含む別の1118枚について、がんの有無を判別させたところ、がん画像の約77%に当たる125枚をがんと正しく識別した。がんの進行度(ステージ)は98%の精度で判定した。

 食道がんは発見が難しいとされる。AIは学習データが多いほど精度が上がるため、さらにデータを蓄積すれば、識別の精度向上が期待できるという。チームは「いずれは動画でも即時に判別できる精度に高めたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事