文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

コラム

[タレント 中山エミリさん](下)馬乗りになっておなかを押され…生まれた後はあざだらけでした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

体が「返事」をしてくれなくなった

中山エミリ

――まもなく40歳を迎えます。ご自身に変化はありますか。

 やはり体力面。なかなか体が「返事」をしてくれなくなりました。運動したり、肌がカサカサなので何か塗ったりすると、若いときはすぐに効果が表れた。ところが、30代半ば頃からは、体が応えてくれなくなりましたね。とくにダイエットは。

――何か対策は?

 ……。夫には怒られるんですけど、ジムに2回入って2回ともやめました。行かなくなって、夫にやめさせられる。とにかく、ダラダラするのが好きで、休日に夫が娘を公園に連れて行ったりすると、テレビのリモコンを手の届くところに置いてゴロゴロしています。

 楽しくしていることが、一番の健康法だと、私は思っているのです。子育てのストレスもあってイラッとすることはあるけれど、笑って過ごす時間を多くしたいと思っています。

目標は「かわいいおばあちゃん」

――人生後半の入り口に立ち、今はどんな景色が見えますか。

 30歳の頃には、10年後、自分に娘がいるなんて思ってもみませんでした。だから、これから先の10年も、何があるかわかりません。10年はあっという間かもしれませんが、楽しく過ごしていたいですね。私は無理をすると、ボロが出るタイプなので。

 老化や劣化と無縁ではいられません。50歳はまだ若いけれど、60、70になったときには、「かわいいおばあちゃん」でいたい。「あの家のおばあちゃんと話すと、なんだか楽しい」なんて言われていたらいいな、と思います。

なかやま・えみり
 1978年生まれ。川崎市出身。94年、ドラマ「おれはO型・牡羊座」でデビュー。「筋肉番付」「ASAYAN」など、多くのバラエティー番組で司会を務めた。現在は、月~木曜日放送の通販番組「買い運!おびマルシェ」(TBS系)に準レギュラー出演するほか、情報・バラエティー番組などで活躍している。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事