文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

コラム

[タレント 中山エミリさん](上)結婚5年目の妊娠 「えげつない食欲」で体重が…医師は「目を疑いました」と

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 3年前に長女を出産し、子育てと仕事に奮闘中の中山エミリさん。「10年前には、自分が母親になるとは想像もしていなかった」と言います。来月には娘さんが3歳、ご自身は40歳の節目を迎える中山さんに、その心境をお聞きしました。(聞き手・梅崎正直、撮影・高梨義之)

自我が芽生えた2歳の娘 早くも親子げんか勃発

――娘さんはもうすぐ3歳。子育ては大変ですか。

 授乳をしたり、泣かれたりで、なかなか寝かせてもらえなかった時期は過ぎましたが、今は娘が元気すぎて大変です。自我が育ってきて、言うことを聞いてくれないことも増えました。みんながまだご飯を食べ終わっていないのに、「遊びたい!」とか。「全員食べ終わるまで、お座りしていようね」と言っているのですが……。そのとき聞いてくれなくても、人として当たり前のことが身につくように、言い聞かせ続けることが大事だな、と感じています。

――もう親子げんかも?

 していますよ。娘が食べこぼしたのを片付けているときに、「ママ、早くご飯食べちゃいなさい!」って言われると……。

 きっと、私が普段、そういう言い方をしているんでしょうね。風呂上がりの夫には、「早くお洋服着なさい、パパ」なんて。娘を通して、自分を見ているようです。

子どものお弁当箱って小さい…

――そのうち、「ママが2人いるみたい」と言われそうですね。今は保育園ですか。

 保育園には行っていなくて、私が仕事の時には母や妹(タレントの英玲奈さん)が見ていてくれます。娘も「今日はおばあちゃん?」「英玲奈ちゃん来るの?」と喜びますから、私も気が楽です。

 でも、それだけでは同年代の子どもたちとふれ合う機会がないので、幼児教室に通わせています。その日は送り迎えとお弁当作り。バランスよく、いろいろな食材を食べさせようと工夫しています。初めの頃は、どうしても大人の弁当箱のイメージが頭から抜けず、作り過ぎていました。「子どものお弁当箱って、こんなに小さいんだ」と……。

 最近は、アンパンマンの小さなカマボコを入れたり、のりをミッキーやミニーちゃんに型抜きしたりして、親子で楽しんでいます。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事