文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

健康ニュース

ニュース・解説

風疹患者が今年初の100人超え、9日までの1週間…関東中心に拡大続く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 国立感染症研究所(感染研)は19日、9月9日までの1週間に報告された風疹患者は127人で、今年に入り全国で496人になったと発表した。1週間の報告数が100人を超えたのは今年初めてで、関東地方を中心とする流行が拡大している。

 都道府県別では、東京が前週から32人増えて146人となり最多。次いで千葉122人(前週比27人増)、神奈川が54人(同19人増)となっている。主に関東地方で流行しているが、愛知で27人(同11人増)、広島で15人(同2人増)など他の地域での報告もある。

 風疹は、せきやくしゃみなどで感染する。主な症状は発熱、全身の発疹、リンパ節の腫れだが、症状が出ない人もいる。妊娠初期の女性がかかると、生まれてくる赤ちゃんが「先天性風疹症候群」で難聴や白内障、心臓病などになる恐れがある。

 予防にはワクチンを2回打つのが有効だが、妊娠中は接種できない。1979年4月1日以前に生まれた男性は定期接種の機会がなかったため、今回も30~50歳代の男性の患者が多い。

 感染研感染症疫学センター第3室の多屋馨子室長は「妊婦が感染しないよう、周りの30~50歳代の男性にはワクチンを接種してもらうようにし、もしかかってしまったら仕事を休み、職場から感染が広がらないよう徹底してほしい」と呼びかけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健康ニュースの一覧を見る

最新記事