文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

本ヨミドク堂

コラム

『世界史を動かした脳の病気』 小長谷正明著

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
『世界史を動かした脳の病気』 小長谷正明著

 戦争中に脳出血で倒れた大統領、脳腫瘍の影響で判断力が低下した海軍トップ――。脳神経内科医の著者が、歴史上の指導者や著名人に降りかかった、脳や神経の病気を解説する。

 米大統領ルーズベルトは高血圧で、終戦間際に脳出血で命を落とした。降圧剤を処方できていたら、脳出血にはならず、歴史が変わっていたかもしれない。「もしも」を交えつつ、病気の症状や現在の治療法などを紹介する。

 政治家のほか、歌手や俳優、ゴルファーなどが登場。症状だけがわかる古代の記録から病気を推定するくだりは、推理小説のようだ。

 (幻冬舎新書 840円税別)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

本ヨミドク堂

本ヨミドク堂
ヨミドクター編集室が注目する新刊書を紹介します。医療、健康、介護、福祉関連の書籍を幅広く取り上げていきます。

本ヨミドク堂の一覧を見る

最新記事