文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宋美玄のママライフ実況中継

コラム

妊産婦の自殺招く「産後うつ」 防ぐには男性が育休取得を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 妊産婦が死亡する原因の約3割が自殺で、最も多かったという調査結果が報道されました。

<妊産婦の死因、3割は自殺…産後うつが影響か>
 2015~16年の2年間に死亡した妊産婦のうち自殺は102人で全体の3割を占め、死因として最多だったとする調査結果を国立成育医療研究センター(東京都)の研究チームが5日発表した。無職世帯や35歳以上の女性が産後に自殺するリスクが高く、産後うつの影響がうかがわれた。妊産婦の自殺に関する全国の実態が分かったのは初めて。
 研究チームは、各自治体に提出された12~60歳の女性の死亡届や出生届、死産届を基に死因を調査した。
 妊娠中から産後1年未満に死亡した妊産婦は357人(死産を含む)。死因を調べたところ、自殺は102人(妊婦3人、産婦99人)で、がん75人(妊婦はゼロ)、心臓病28人(産婦27人、死亡時期不明1人)が続いた。(2018年9月6日 読売新聞朝刊)

認知されていない産後のリスク

妊産婦の自殺招く「産後うつ」 防ぐには男性が育休取得を!

阪急電車のリュックがお気に入りの息子です

 日本の妊娠・出産にかかわる医療は、世界でもトップレベルの安全性を誇り、妊産婦死亡数は少ないと言って差し支えありません。産科医は、人員不足や過重労働が問題になっている状況の中で、母子の命を守るために最大限の努力をしていると思います。そのために、体の病気が原因で亡くなる方が少なく、結果として自殺の割合が多くなったと考えることもできます。

 しかし、妊産婦の自殺を防ぐ対策は、十分に行われていないかもしれません。背景には様々な事情があると思いますが、自殺のほとんどが、妊娠中ではなく産後に起きていることを考えると、「産後うつ」が影響していると推測されます。読売新聞の記事にも、赤ちゃんが生まれた後は幸せな時期と思われがちで、産後うつなどのリスクは十分に認知されていない旨が書かれていました。

 このコラムでも取り上げましたが、産後というのは決してハッピーなだけの時期ではありません。どのような出産でも骨盤底などにダメージを受けますし、女性ホルモンが急に激減するなど内分泌環境が激変します。そのうえ、授乳のために睡眠は細切れになってしまいます。産後の母体に起こっている変化や育児の負担を軽く見ることはできません。

 私が初めて出産した約7年前に比べると、育児の大変さが理解されるようになってきたと感じますが、いまだに「子どもを産んだら母性が湧いて、眠れなくても疲れていても、育児をするだけで幸せなのだ」「それが良き母親だ」などと思っている人は少なくないと思います。そうした見方は、母親を追い詰めます。

一番必要なのは「夫の育児参加」

 産後の母親が自ら命を絶ってしまうケースを減らすには、育児をサポートし、母親の心身の負担を軽くすることが不可欠です。「母子だけで放っておくのはまずい」と認識し、孤立させないよう周囲が関わっていく必要があります。

 静岡県は 「産後ママを知ろう!BOOK」 を作りました(私が監修しました)。一部では滞在型、訪問型の産後ケアサービスも始まっています。しかし、これらのサービスが広がるにはコストや人手などの問題があり、まだ一般的とは言えません。

 そうした状況で、今一番求められる策は、男性が育児休業を取ることではないでしょうか。父親が早い時期から育児や家事に関わって当事者意識を持ち、育児の「苦労と幸せ」を母親と共有できれば、追い詰められる母親は減るはずです。

男の育休取得はステイタス!

 父親が、生まれて間もない赤ちゃんと過ごす時間をたくさん持てば、愛着形成にもつながるし、「男性は外で仕事をし、女性は育児や家事をする」というジェンダーロールの刷り込みも減るでしょう。産後うつ予防以外にも、様々な社会問題の解決につながっていくのでは、と思います。

 少数とはいえ、「男性の育休はステイタス」と考える人も出てきました。体力のある企業が率先し、取得を拡大してほしいものです。「育休のハードルはまだ高い」という人は、母親と赤ちゃんが退院する時や里帰り先から戻る時に、1週間でも2週間でも、たまった有休を使って育児に関わればいい。それなら多くの人ができるのではないでしょうか。

 せっかく健康に出産し、育児をスタートできたにもかかわらず、赤ちゃんを残して死を選ぶ母親が同じ社会にいることについて、私たちは重く受け止める必要があります。(宋美玄 産婦人科医)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

son_n_400

宋 美玄(そん・みひょん)

産婦人科医、医学博士。

1976年、神戸市生まれ。川崎医科大学講師、ロンドン大学病院留学を経て、2010年から国内で産婦人科医として勤務。主な著書に「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」(ブックマン社)など。詳しくはこちら

このブログが本になりました。「内診台から覗いた高齢出産の真実」(中央公論新社、税別740円)。

宋美玄のママライフ実況中継の一覧を見る

6件 のコメント

コメントを書く

夫に育休を取得してもらいました

ひまわり

つい最近3人目を出産して、夫に3ヶ月育休を取得してもらいました。 産後ケア事業も市にありますが、7泊のみで事前に保健師の訪問あり、1日3000円...

つい最近3人目を出産して、夫に3ヶ月育休を取得してもらいました。
産後ケア事業も市にありますが、7泊のみで事前に保健師の訪問あり、1日3000円で赤ちゃんと母親が産院に宿泊するかたちです。
上の子達をどうするかを考えると結局産後ケアにお世話になるのは敷居が高かったです。
私は帝王切開3回目で出産しましたが、手術の後から体調が悪くて、入院が延びた上に退院してからも風邪や腸炎で1ヶ月ほど自分の体のことでいっぱいです。

さらに上の子達も夏風邪を引いたり、幼稚園行事、学校行事などあるので夫に育休を取ってもらえなかったら一体どうなっていただろう。。と思います。

私は夫に育休を取得してもらい、産後の不安と負担がとても軽減されたのでよかったと思っています。

つづきを読む

違反報告

古い

アラタ

男性の育休取得などは古い考えだと思います。 やはり、介護保険から産後ケアを充実させることが大切です。

男性の育休取得などは古い考えだと思います。
やはり、介護保険から産後ケアを充実させることが大切です。

違反報告

産休ストレス

ヨウツー

4人め出産しました。たよる人は夫しかいません。私が産休に入ると夫は上の子の育児、家事を私にまかせて残業する感じになり、産後も退院して戻った時から...

4人め出産しました。たよる人は夫しかいません。私が産休に入ると夫は上の子の育児、家事を私にまかせて残業する感じになり、産後も退院して戻った時からそんな感じです。まわりは、私が出産で不在の間、パパ1人で家事も育児もやって本当に頑張ってたー。と夫をほめますが、頑張ったのはパパにワガママを言わず保育園にちゃんと行った子供たちだと思います。それに4人めだと出産が軽いと勘違いしている人もいる。後陣痛の存在を知って欲しい。産休とは、子供を産む妻が専業主婦になって夫が働きやすくなる休暇なのか?って思ってしまう。男性の育休取得の前に、男性の定時退勤を実現させてほしい。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事