文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

頭や顔に汗かきやすい

 頭や顔に汗をかきやすくて困っています。夏場はひどく、外出する時も家の中でも、いつもタオルを持ち歩くようにしています。汗をかくたびに拭いていますが、気になって、友人との会話にも集中できません。原因や治療法を教えてください。(65歳女性)

薬で抑えられる場合も

横関博雄 東京医科歯科大学皮膚科教授(東京都文京区)

 日常生活に支障をきたすほど、大量に汗をかく状態になることを「多汗症」といいます。全身に汗をかくタイプと、手のひらや足の裏、顔など、体の一部のみで発汗するタイプに分類されます。

 相談者は汗の出る場所が頭と顔に限られているようなので、「局所性多汗症」と思われます。その中でも、ほかの病気の影響がないことを「原発性局所多汗症」と言います。この場合、塗り薬などで症状を抑えることができます。

 顔は皮膚が薄く、刺激性の皮膚炎を起こしやすいので、濃度5~10%程度の塩化アルミニウム液を使用するといいでしょう。寝る前に頭と顔に塗って、翌朝、洗い流すのが最も効果的だと考えられます。

 飲み薬として、抗コリン薬の服用も効果的です。ただ、便秘になる、口が渇く、目がかすむといった様々な副作用があるので、気を付けましょう。

 全身に汗をかく場合は注意が必要です。結核などの感染症や、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されて起こる「甲状腺機能 亢進こうしん 症」などの病気が陰に隠れていて、多汗症になっている場合も考えられます。

 汗をかきやすい原因をよく見極めた上で、治療法を決定することが必要です。まずは、皮膚科の専門医に相談することをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。