文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

医師が自らに大腸内視鏡…長野の病院部長にイグ・ノーベル賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
医師が自らに大腸内視鏡…長野の病院部長にイグ・ノーベル賞

イグ・ノーベル賞の授賞式で大腸内視鏡を自分に挿入する手法を模擬する堀内さん(中央)(マサチューセッツ州ケンブリッジで)=三井誠撮影

 【ケンブリッジ(米マサチューセッツ州)=三井誠】世界中の真面目でユーモアあふれる研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が13日、米ハーバード大で行われ、昭和伊南総合病院(長野県駒ヶ根市)の堀内 あきら ・内科診療部長(57)が医学教育賞を受賞した。日本の研究者の受賞は2007年から12年連続になる。

 授賞対象は、堀内さんが自分自身に大腸内視鏡を挿入し、検査医と患者の一人二役をこなした研究。座った姿勢で内視鏡を自分の肛門に挿入する姿は一見、笑いを誘うが、患者の気持ちを理解しようという真面目な実験だ。堀内さんは検査医と患者が同じであっても、検査するたびに患者としての不快感が異なることを発見。「単純に見える内視鏡検査の奥深さを知った」と話す。

 研究を進め、少量の麻酔を使うことで、不快感が少なく手軽な大腸内視鏡検査法を2006年に実現した。堀内さんが開発した手法は全国の医療機関から注目され、「駒ヶ根方式」と呼ばれているという。

 授賞式で登壇した堀内さんは、大腸内視鏡で自らを検査する方法を模擬して紹介し、会場を爆笑で包んだ。そして「内視鏡検査を受けてくださいね」と検査の重要性を伝えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事