文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

かゆみと向き合う(4)紫外線照射で皮膚治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
かゆみと向き合う(4)紫外線照射で皮膚治療

紫外線照射装置の中で治療中のCさんを見守る看護師(名古屋市立大学病院で)

 カプセル状のベッドであおむけになると、覆いかぶさるふたに蛍光管がずらりと並んでいた。まるで日焼けサロンのようだ。

 皮膚のかゆみ治療に使う紫外線照射装置。8月下旬、名古屋市立大学病院で、市内に住む男性Cさん(85)は、その中に服を脱いで横になった。

 2016年10月から、手足や脇腹などの湿疹に悩むようになったCさん。最初はあせもかと思ったがなかなか消えず、いぼのような塊になって、かゆくてたまらなくなった。結節性 痒疹ようしん という治りにくい皮膚病だった。

 皮膚科クリニックや2か所の大学病院を巡り、効き目も副作用も強いステロイドの飲み薬などを処方された。症状は改善せず、気が付けばかきむしり、下着は血だらけになった。

 「何か良い治療法はないか」。妻(79)がインターネットで名古屋市立大学病院を見つけ、昨年10月から毎週、治療に通っている。

 Cさんが受けているのは「ナローバンドUVB」と呼ばれる装置だ。311ナノ・メートルの紫外線を全身に浴びる。この波長は、治療効果が高いとされている。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事