文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やす

コラム

「小学生の腰痛」「女子の食事制限」が危ない…スポーツ医学の学術集会で警鐘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 大坂なおみ選手のテニス全米オープン初制覇、感動しましたね。その素晴らしいプレーもさることながら、インタビューやその言動でも世界の注目を集めました。

 さて、今回は、9月7~9日に徳島市で開かれ、私も参加した日本整形外科スポーツ医学会学術集会の話をさせてください。

 スポーツ医学は日進月歩で発展していますが、その成果は学会や論文で報告され、普及していきます。一般の方には、学会など遠いところでの話と思うかもしれませんが、情熱あふれるドクターやメディカル関係者との懸け橋になれるよう、発信していきたいと思います。

「100%を超える復帰」へ スポーツドクターの情熱

「小学生の腰痛」「女子の食事制限」が危ない…スポーツ医学の学術集会で警鐘

 学術集会は、大学や病院単位で行った研究の成果報告や、複数の専門家があるテーマについてディスカッションするシンポジウムなどがあり、学問の発展には欠かせません。日本整形外科スポーツ医学会は1975年に第1回の集会が行われ、今年で44回目の開催です。整形外科・運動器領域におけるスポーツ医学の進歩に寄与してきた歴史ある学会です。

 今回は、徳島大学の西良浩一教授が会長で、会場はアスティとくしまでした。時間帯によっては異なる会場で同時に発表が進行するため、聞きたいテーマを選ぶのに迷います。ある時間帯を例にとると、肩、股関節鏡手術、女子トップアスリートのサポート、脊椎手術、足関節のスポーツ外傷、メディカルチェック、前十字 靭帯(じんたい) 損傷の手術といったテーマが発表されていました。

id=20180913-027-OYTEI50009,rev=2,headline=false,link=true,float=right,lineFeed=true

学術集会初日の夜には、徳島でも有名なチームが阿波おどりを披露。学会参加者も舞台に上がり、たいへん盛り上がりました

 学会のテーマは「情熱と覚悟~100%を超える復帰~」。けがや故障から100%の状態に戻すことを大前提として、さらに受傷前以上の状態にし、二度と再発しないようにしてフィールド復帰を目指すという西良先生の熱い思いが伝わってきます。そのためには、ドクターだけでなく、理学療法士、アスレティックトレーナーなどの連携が重要です。これまで本学会に来る人の多くは整形ドクターでしたが、今回は理学療法士やアスレティックトレーナーなどのコメディカルの参加者が40%を超えたということで、西良先生の掲げたテーマが多くの人たちに伝わったのだと思います。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

Ozeki-7-pro

大関信武(おおぜき のぶたけ)

整形外科医・博士(医学)
一般社団法人日本スポーツ医学検定機構代表理事

1976年大阪府生まれ、兵庫県立川西緑台高校卒業。
2002年滋賀医科大学を卒業。2014年横浜市立大学大学院修了。横浜市立大学付属病院、横浜南共済病院、関東学院大学ラグビー部チームドクター、英国アバディーン大学研究員などを経て、2015年より東京医科歯科大学再生医療研究センター所属。現在、東京医科歯科大学付属病院スポーツ医学診療センター、八王子スポーツ整形外科などで診療。日本体育協会公認スポーツドクター。野球、空手、ラグビーなどを通じて、野球肘、肩関節脱臼、足関節靱帯損傷、骨折(鼻骨、手首、下腿)など自身が豊富なケガの経験を持つ。スポーツのケガを減らしたいとの思いで、2015年12月一般社団法人日本スポーツ医学検定機構を設立し、「 スポーツ医学検定 」を開催している。

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やすの一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

スポーツの意義の見直しと普及のための施策

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

同日程のMRI学会に参加のため行けませんでした。 小学生の腰痛も女子の過度のダイエットによる月経異常もつまるところは目先の結果にフォーカスしすぎ...

同日程のMRI学会に参加のため行けませんでした。

小学生の腰痛も女子の過度のダイエットによる月経異常もつまるところは目先の結果にフォーカスしすぎたオーバーワークの産物です。
進学校だと逆に部活の時間への制限がつくところも多いですが、さじ加減は非常に難しいものがあります。

100%以上の復帰に関しては異論があります。
一定以上の損傷はおそらく回復に限界があります。
しかしながら怪我を通して競技や肉体と向き合うことで、より深い洞察や動作が可能になるのだと思います。
言い換えれば「それまで100%と信じてきたことは100%ではないということを認めて進歩する」ことが敗北や怪我という大きな挫折の先にあるのが我々凡人なのだと思います。
だからこそ、大怪我を乗り越えてプレースタイルを変えても輝く選手が沢山います。

自分は公式記録ではあまり輝いていませんが、マンマークとカバーリングのいわゆる守備職人だった20年前の自分が、後にドリブルデザイナーと引き分ける未来を知ったらびっくりすると思います。
25歳過ぎたあたりからコツがわかってきてうまくなりました。
プロやアマの大会の制約はあれど成長の速度も偏りも人それぞれで楽しみ方の多様化も進むべきでしょう。

体育やプロ興業だけではなく、教育や生きがいや繋がりとしてのスポーツの側面が徐々に広まればと思います。
それは文化や産業を進歩させるエネルギーになると思います。
物理の問題だってボールを投げたり蹴ったりした経験があれば理解も速いでしょう。
物理や解剖学・生理学がだいたい分かっていると同じ身体能力でのボディコンタクトも強くなります。(勉強熱心なベテランがうまくなる理由)

そういう共通理解の普及には時間もかかりますが、スポーツ産業を発展させるためにも子供が致命傷を負ったりスポーツを嫌いにならないように環境や啓発活動を整えていくべきですね。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事