文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医のねだん

ニュース・解説

オンライン診療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

3か月に1回は通院必要

オンライン診療

 生活習慣病でクリニックにかかっているけど、忙しくて通院の時間がなかなか取れない――。そんな時、スマートフォン(スマホ)などの画像通話機能を利用して主治医の診察を受けることができれば便利ですね。

 保険がきく医療費に4月から「オンライン診療料」が設けられました。いくつかの基準を満たせば、通院して医師と直接向かい合う対面診療と、スマホなどのオンライン診療を併せて受けられるようになりました。

 生活習慣病などの病気で、初診から6か月間以上通院していること――などが条件です。

 「原則は対面(通院)」という方針の下、通院間隔を3か月以内とするという制限があります。月1回受診の場合、9月に通院して診察を受けたら、10月と11月はオンラインで診療。12月は通院といったパターンになります。

 オンライン診療を受けた分については、オンライン診療料(月1回、3割負担で210円)やオンライン医学管理料(同300円)がかかります。通院での再診料などに比べるとやや割安ですが、これに加えて保険外でのシステム利用料を徴収できるとされています。実際の費用負担については、事前に、通院している医療機関の説明をよく聞いておきましょう。

 在宅医療を受けている患者では、オンライン在宅管理料(同300円)や、精神疾患の場合には精神科オンライン在宅管理料(同300円)が新設されました。訪問診療とオンライン診療を組み合わせた診療を行った場合です。

 初の本格導入ということもあり、対象患者や実施施設などに様々な条件が設けられました。このため急速に広がるのは難しそうですが、今後、患者に役立つ使いやすい仕組みづくりが期待されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

inonedan

医のねだんの一覧を見る

最新記事