文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

かゆみと向き合う(3)じんましん 新薬で改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
かゆみと向き合う(3)じんましん新薬で改善

じんましんのかゆみが軽減し、自宅でカラオケを楽しむBさん

 福岡県の郊外に住む女性Bさん(84)は数年にわたり、重いじんましんに苦しんできた。2017年4月から新しい薬の注射を始めたところ、かゆみがかなり改善した。保険適用されたばかりの分子標的薬だ。

 かゆみに苦しむようになったのは13年12月、正月の準備をしている最中だった。背中を中心に全身が赤くなり、爪でかきむしるようになった。「いりいりする」。かいてもかいても治まらない状態を、Bさんはそう表現する。

 近くの皮膚科を受診し、じんましんに効くことが多い抗ヒスタミン薬や保湿剤を使ったが治らない。かゆくて眠れない夜が続いた。ささいなことに怒りを感じ、家族に当たり散らしてしまう。「死にたい」。それが口癖になった。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事