文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

街で障害のある人と出会ったら~共生社会のマナー

コラム

赤地に白十字のマークを持った人がいる どういう意味?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ヨミドクターをご覧のみなさま。 サービス介助士 インストラクターの冨樫正義です。今回は街中でよく見かける、プラスの形をしたマークについてです。

外見からは分かりにくい障害もある

ヘルプマーク ※出典: 東京都福祉保健局

  ヘルプマーク をご存知でしょうか。

 これは東京都が利用を推奨しているマークで、義足や人工関節を使用している人、内部障害や難病の人、妊娠初期の人など、外見からは障害等が分からない人が援助を得やすくするためのものです。

 都は、このマークを持っている人を見かけた時、以下のような配慮をしてほしいと呼びかけています。


・電車・バスの中で席を譲る
・駅や商業施設等で困っていたら、声をかける
・災害時は、安全に避難するための支援をする。

外見からは分からない困難を抱えている人もいます。困っていたら、声かけを

 外見からは分からなくとも、何らかの困難を抱えている人は少なくありません。例えば、腎臓機能障害であれば、病院での人工透析の帰りに「血圧が下がりやすい」「体がつりやすい」などの症状がある人もいます。ガンなどで手術を受けた人の中には、自律神経の乱れで起きる「ホットフラッシュ」で、急に汗をかいたり、ほてったりして、体調がすぐれなくなる人もいます。交通機関などでヘルプマークを持った人を見かけたら、見た目ではどんな症状か分からなくても、お声かけして席を譲るなどの配慮をしていただければと思います。

多機能トイレに表示されている「あのマーク」

オストメイトマーク ※出典: 公益社団法人日本オストミー協会

 このほか、知っておいてほしいマークに、多機能・多目的トイレに貼ってあるオストメイトマークがあります。このマークは公益社団法人日本オストミー協会が推奨しており、オストメイトとは人工肛門・人工 膀胱(ぼうこう) を設けた人のことです。オストメイトは、 排泄(はいせつ) を自分でコントロールできないので、排泄物を受ける袋をお (なか) の外側につけています。外出先で排泄物の処理や袋の交換をし、場合によっては身体や衣服を洗ったりもできるトイレを必要としています。オストメイト表示のあるトイレでは、そのための設備があることを示しています。こうしたトイレが増えることで、安心して外出できるようになるのです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

togashi-prof150

冨樫正義(とがし・まさよし)

 1973年、埼玉県生まれ。桜美林大学大学院卒(老年学研究科修士号)。日本サッカー協会 施設委員。法律事務所、不動産関係会社、人事コンサルタント、専門学校講師を経て、現在、サービス介助士、防災介助士、認知症介助士などを認定・運営する団体「公益財団法人日本ケアフィット共育機構」(0120‐0610‐64)のインストラクターとして、年間50社以上の企業対象研修を担当するほか、企業のバリアフリー・ユニバーサルデザインのコンサルティングも行う。

街で障害のある人と出会ったら~共生社会のマナーの一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

大雑把過ぎて分からない。

daisy

聴覚に障害がある人と、視覚に障害がある人、同じマークをぶら下げてても、望まれる手助けは全然違う。声掛け宜しくって言うけど、そういう時はもう非常時...

聴覚に障害がある人と、視覚に障害がある人、同じマークをぶら下げてても、望まれる手助けは全然違う。声掛け宜しくって言うけど、そういう時はもう非常時の筈。「このマーク、何の意味ですか?」なんて聞いている暇があるのだろうか。
街中で付けている人は見るけれど、何して良いやら分からないから、何も出来ない。むしろ、付けてる人の傍に近づかないようにしてる。さわらぬ神に祟りなしって感じで。
目の前で倒れるとか、具体的な行動が無い人にも気遣いをって事なんだろうけど、そんなのタグ一つで何が分かる。半端なサインは結果的に無駄だと思う。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事