文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

在宅訪問管理栄養士しおじゅんのゆるっと楽しむ健康食生活

コラム

そのお粥で栄養は十分に取れていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
そのお粥で栄養は十分に取れていますか?

お粥だって工夫次第で味も栄養もアップ! 今回はおいしい紀州の南高梅を乗せて食欲もアップ、です

 「3度の食事をきちんと取っているのに栄養状態が悪い」という方にしばしば出会います。医師から訪問栄養指導を依頼される寝たきりの患者さんに多いのですが、その原因はいくつか考えられます。

 まずは、病気と闘うために、たくさんのエネルギーが必要であるにもかかわらず、食べる量が追いつかない場合です。がんや肺疾患などで、体重が減少している患者さんがこれにあてはまります。

 また、食べ物がきちんと消化吸収されていない患者さんもいます。腸の炎症などで、食べたものが吸収されずに「通過」してしまっているため、必要な栄養を取り込んで、体内で使うことができません。これらの「病気が原因である」場合は、口から食べてもらうだけでなく、主治医の判断で他の栄養補給法を導入することもあります。

 しかし、それらの病気がないのにもかかわらず、「食べているのに痩せる」のは、そもそも十分な食事量が取れていないことが理由として考えられます。長く栄養摂取量が不足すると、体重だけでなく免疫力が低下し、感染症にかかりやすくなります。何をどれだけ食べているのかを管理栄養士らがチェックする必要があります。

分量が同じ重さでも、2倍ものエネルギー量差が

 ファミリーレストランなどでは、メニュー表には「エネルギー量」が記載されているお店が増えてきましたね。1食1000キロカロリーを超えるような「まんぞくセット」を見つけると、いつも誘惑に負けそうになりますが、どんなにおいしそうでもグッとこらえます。私の場合は、一日に必要なエネルギー量は約1600キロカロリーですので、1食あたり500~600キロカロリー程度が適量になります。元気な人なら「1食500キロカロリーの食事」では、少し物足りないと感じるかもしれません。

 高齢者用の宅配弁当は500~600キロカロリー程度です。ご飯150グラム程度(ごはん茶わん軽く1膳)を完食した場合です。ごはんを同じ重さのまま「おかゆ」で代用すると、水分でかさが増えた分、約150キロカロリーもエネルギー量が減ってしまいます。

 80歳代以上でほとんど動くことがない、とても小柄な女性であれば、このくらいの量でも体重の変動なく穏やかに暮らしていけることがあります。ただ、ある程度、 () んだり、飲み込んだりする能力が維持され、食欲もある方なら、たとえ寝たきりの高齢者であっても、1食400~500キロカロリー程度は取ってほしいところです。つまりお (かゆ) なら、小さな茶わんに盛り付けるのではなく、どんぶりに軽く1杯ほどを食べる必要があるのです。

 「普通のごはんはよく噛めないおじいちゃんは、レトルトのお粥にしています」といったご家庭もありますが、「レトルトのお粥」はさらにエネルギー量が少なくなります。自宅で作るものよりも水分量が多く、十分なエネルギーを取ることができません。病院給食で提供しているような、ややもったりとした「全粥」は100グラムで71キロカロリーです(文部科学省日本食品標準成分表2015より)。しかし、あるレトルトのお粥のパッケージを見ると、250グラム入りで85キロカロリーとなっています。100グラムに換算すると約35キロカロリーです。同じ「お粥」なのに半分のエネルギー量しかないのです。

安易にお粥に替えてしまっていませんか

 低栄養で悩んでいるのに、「なぜお粥なのか」を聞いてみると、義歯の不具合など「 咀嚼(そしゃく) 力の低下」を理由として挙げられることが少なくありません。そんな時は、「口の状態に食べ物を合わせる」のではなく、「どんな食べ物でも食べられる口」を作る努力が必要です。なるべく早く歯科医師に義歯を調整してもらいましょう。

 しかし、認知症などによって、入れ歯の装着がうまくできない方や、薬の副作用で唾液の分泌量が減少し、お粥でないと食べにくい方もいらっしゃいます。そのような場合は、お粥の量を増やすか、もしくはオイル類などを加えて、必要な栄養量を確保していただきたいのです。市販されている「栄養強化された 海苔(のり)佃煮(つくだに) 」などの補助食品を上手に活用するのもお勧めです。

 どうしてもレトルトのお粥を使いたい場合には、とっておきの「しおじゅんパワー粥」はいかがでしょう。レトルトの中身に普通に炊いたご飯を加え、よく混ぜてからレンジで1分半ほど加熱します。サラダオイルやごま油などを大さじ1/2杯加え、さらに溶いた卵を加えると、エネルギー量を大幅に増やすことができます。簡単に栄養強化できますよ。(在宅訪問管理栄養士 塩野崎淳子)

レトルト粥 125g(250g入りのもの半パック)  41kcal
ごはん 50g 84kcal
サラダオイル大さじ1/2 55kcal
溶き卵1/2個 40kcal
合計 220kcal
(ごはん約130g相当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

塩野崎顔2_100

塩野崎淳子(しおのざき・じゅんこ)

 「訪問栄養サポートセンター仙台(むらた日帰り外科手術WOCクリニック内)」在宅訪問管理栄養士

 1978年、大阪府生まれ。2001年、女子栄養大学栄養学部卒。栄養士・管理栄養士・介護支援専門員。長期療養型病院勤務を経て、2010年、訪問看護ステーションの介護支援専門員(ケアマネジャー)として在宅療養者の支援を行う。現在は在宅訪問管理栄養士として活動。

在宅訪問管理栄養士しおじゅんのゆるっと楽しむ健康食生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事