文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

その医療 ホントに要りますか?

コラム

あなたはその降圧薬で大丈夫?…高血圧に二つのタイプ、効く薬も違います

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

高血圧には「ギュウギュウ型」と「パンパン型」が

 桑島医師は、「日本の多くの高血圧患者、特に高齢者にはARBは適していない」と言います。この薬が効きにくいタイプの高血圧が多いからです。

 高血圧には、二つのタイプがあります。血管が収縮して狭くなるタイプと、血液の量が増えるタイプです。桑島医師は、それぞれを「ギュウギュウ型」「パンパン型」と呼んでいます。前者は、血管が狭くなって外からギュウギュウ締め付けるから、後者は血液量が増えて血管を内側からパンパンに広げるのが、その名の由来です。

 ギュウギュウ型の原因は、血管を収縮させるアンジオテンシンという物質が血液中に増え、血管が狭くなることにあります。アンジオテンシンは、レニンという腎臓から分泌される物質によって刺激され、さらに増えます。この血圧調節の仕組みは、レニン・アンジオテンシン系と呼ばれています。ARBにはアンジオテンシンを抑える働きがあり、このタイプの高血圧に有効です。

 一方、パンパン型は、塩分の取りすぎが原因です。塩分を過剰に取ると、血液中の塩分濃度が高まり、それを薄めて元に戻そうと、細胞から水分を血管に取り入れ、血液量が増えて血圧が高くなります。こちらには、ARBはあまり効果的ではありません。

 日本人には、塩分の取りすぎによるパンパン型が多く、高齢者の約7割はこのタイプで、ARBが効きにくいのです。しかし、そうした患者にもARBが処方されているのが現状です。

年齢により推奨する薬が違う欧州の学会

 それでは、どのような薬を選択すればよいでしょうか。

 高血圧の薬には、ARBのほかに、利尿薬、カルシウム拮抗薬、ACE(エース)阻害薬などがあります。利尿薬は、血液中の水分や塩分を尿として排出することで血液の量を減らし、血圧を下げます。「パンパン型」に有効です。カルシウム拮抗薬は、血管壁にあるカルシウムイオンの流れを遮り、血管を広げる働きがあります。ACE阻害薬は、ARBと同様にアンジオテンシンの産生を抑えて血管を広げ、血圧を下げます。

 桑島医師は、高齢者や、血液検査でレニン値の低い患者には、利尿薬やカルシウム拮抗薬が適していると言います。逆に比較的若いか、レニン値が高い場合は、ARBやACE阻害薬の効果が期待できます。カルシウム拮抗薬は、いずれの場合にも効果があるうえ、副作用が少なく、最も勧められるとしています。

 ヨーロッパの学会の指針では、年齢によって推奨する薬の種類が違いますが、日本の高血圧学会の指針では、これらの薬を一律に勧めていて、年齢などによる選択基準がありません。こうしたことも、適切な薬が使われない背景になっているようです。(田中秀一 読売新聞東京本社調査研究本部主任研究員)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tanaka200

田中秀一 (たなか・ひでかず)

 医療情報部(現医療部)、社会保障部、論説委員、編集局デスクを経て現職。長期連載「医療ルネサンス」を18年担当、現代医療の光と影に目を凝らしてきた。「納得の医療」「格差の是正」をテーマとしている。

その医療 ホントに要りますか?の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

まみい

ノバルティスの文献捏造問題は、確かに患者や医者を欺いた、とんでもない事件であることは間違いない。 日本で使用されているARBは、ディオバンだけで...

ノバルティスの文献捏造問題は、確かに患者や医者を欺いた、とんでもない事件であることは間違いない。
日本で使用されているARBは、ディオバンだけではないし、世界的に認められた大規模データ論文がいくつもあるARBも複数使用されている。
ARBは、少々値段は高いが、優秀な高血圧治療薬だよ。

つづきを読む

違反報告

腎臓への負担は

hal-9000

「心臓病や脳卒中を減らす」ことだけが、効果ではないでしょう。 私は、腎臓への負担が気になります。 私は今、ARBを含む降圧剤を処方されています。...

「心臓病や脳卒中を減らす」ことだけが、効果ではないでしょう。
私は、腎臓への負担が気になります。

私は今、ARBを含む降圧剤を処方されています。
先生のおっしゃるには、腎臓への負担の小さい薬だそうです。心臓病云々は、特に聞いたことがありません。

ARB一般に腎臓への負担が小さいのかどうかわかりませんが、少なくともそういう薬もあるのですから、一概にARBはダメと決め付けることはないと思います。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事