文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

安心の設計

ニュース・解説

子を育てられない親…養親に託す いとしいけれど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
子を育てられない親…養親に託す いとしいけれど

 生みの親が育てられない子どもを、養親が育てる仕組みが広がりそうだ。法務省が特別養子縁組を利用しやすくなるよう見直しを検討しているためだ。背景には、経済的な事情など、生みの親が抱える様々な深刻な事情がある。

 「できるなら育てたかった。でも、子どもにとって最良の選択だったのかな」。東京都内の女性(36)は、2015年暮れに出産した女の子の写真を見つめて語る。

 妊娠に気づいたのは3年前の春。予期せぬ妊娠だった。相手は、交際して1年くらいの男性。女性より一回り以上年下だった。

 子どもを授かったことはうれしかった。でも、男性はおろおろするばかり。育てる意思が見えなかった。男性の両親には、「息子はまだ若い。なかったことにしてほしい」「おろした方がいい」と言われた。中絶は考えたくなかった。「産むのが自然なことだと思ったから」。男性と別れた。

 だが、1人で育てる経済的な余裕はなかった。コールセンターで派遣社員として働きながら、コンビニエンスストアのアルバイトを掛け持ちする生活。収入は月20万円ほどだった。母子家庭で育ち、難病を患う母親の世話もしていた。かつて飲食業を始めた際に借りた借金も月7万円あった。

 「悪いのは自分。子を育てるのが親の責任ではないか」「私自身も甘かったが、なんで母親だけが悩まなくてはいけないのか」「子どもの幸せを考えれば、別の選択肢もあるのではないか」。眠れない日々が続いた。

 妊娠に悩む女性を支援している団体に事情を打ち明けた。そこで特別養子縁組について説明を受けた。養親に託すことに戸惑いもあったが、「きちんと育ててくれる人がいるのなら」と、子どもを出産。この仕組みを利用することにした。

 生まれた女児は今、子どもに恵まれなかった国内の夫婦の子どもとして育っている。団体を通し、女性のもとには、養親が作った女児の写真アルバムが定期的に届く。大切に育てられているという。

 女性は苦しい胸の内を明かす。「子どもに申し訳ないという思いは消えない。でも、この制度がなかったら、子どもが幸せでいられたかどうか」

父が逮捕 子の将来案じ

 別の女性(35)は妊娠5か月の時、結婚しようと一緒に暮らしていた交際相手が警察に逮捕された。産んで育てたいという思いは強かったが、父親のことを考えると子どもの将来が心配だった。経済的にも1人で育てる自信がなかった。

 頼れる身内はいなかった。支援団体に駆け込み、生まれた女児を特別養子縁組に出すことにした。

 それでも、出産でわが子を抱いた時、いとおしくなった。「育てたい」という気持ちもわきおこり、「本当にこれで良かったのだろうか」とも思った。

 産んだ子どもが将来、自分の出自を知った時、どう感じるのか不安もある。女性は「子どもを捨てた親だと思われるだろう。でも、決して子どもを大事に思っていなかったわけではない。力になりたいと思って決めたことだと、いつか伝われば」と話す。

  <特別養子縁組>   生みの親が育てられない子どもを、裁判所の許可を得て、養親が育てる制度。実親との親子関係は消滅し、戸籍上も養親の実子として扱われる。子どもの福祉のために約30年前、民法に創設された。跡取りなどを目的とする一般の養子縁組とは異なり、養子の年齢制限や、実親の同意など様々な条件がある。法相の諮問機関・法制審議会で見直しが進められている。

「経済的理由」が最多 縁組希望の相談者

id=20180911-027-OYTEI50003,rev=4,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

白井千晶・静岡大教授

 生みの親が子どもを育てられない理由は、経済的な事情が多いようだ。

 妊娠に悩む女性の相談支援を行う「あんしん母と子の産婦人科連絡協議会」(埼玉県熊谷市)が2013~18年、相談者計147人に聞いたところ、養子に出したい理由(複数回答)のトップは、「経済的理由」(35%)。「子どもの父親と音信不通」も23%で、相手の男性が責任を取らないことも一因とみられる。「高校生の妊娠」は24%で、性教育を拡充する必要性もうかがえる。

 静岡大学の白井千晶教授が15~16年、民間の支援団体6か所の相談事例計208人を分析した結果でも、「無職」「非正規就労」「低収入」のどれかにあてはまる人は、7割に上った。

id=20180911-027-OYTEI50004,rev=4,headline=false,link=true,float=right,lineFeed=true

 白井教授は、〈1〉雇用が不安定化し、家族を持てない若者が増えたこと〈2〉欧米先進国と比べて母子家庭への支援が手薄なこと――が背景にあると指摘する。

 その上で、「まずは生みの親が育てやすいよう支援を充実することが必要だ。それでも、様々な事情から育てられない親への選択肢として、養子縁組をもっと利用しやすくするよう、制度改正や周知を進めるべきだ」と話している。

 妊娠して悩んでいる人の相談窓口は、一般社団法人「全国妊娠SOSネットワーク」のホームページ(http://zenninnet-sos.org/)などで探せる

 (社会保障部 樋口郁子、粂文野)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

安心の設計の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

子どもには責任はない

yokoko

生まれてきた子どもには何の責任もありません。子どもの命を守るため、支援を受けてもどうしても育てることができない場合は、育ての親に託すことも親の責...

生まれてきた子どもには何の責任もありません。子どもの命を守るため、支援を受けてもどうしても育てることができない場合は、育ての親に託すことも親の責任です。子どもは社会で育てるもの。特別養子縁組後の家庭も温かく見守っていく社会でありたいと思います。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事