文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いのちは輝く~障害・病気と生きる子どもたち

コラム

胎児エコー検査は出生前診断だった 「何か異常」のあいまいな診断を悲観し、中絶を選んだ妊婦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「あなたは赤ちゃんを生む前に、出生前診断を受けましたか?」

 こう質問すると、大多数の人が「私は受けていません」と答えるでしょう。しかし、それは正しくありません。出生前診断を受けていない妊婦は、ほとんどゼロです。なぜならば、だれでも胎児超音波(エコー)検査は受けているからです。

男か女か…も出生前診断の一つ

 胎児に対する超音波検査は、私が医師になった1987年には、すでに行われていました。しかし、当時の超音波検査は画像がきれいではなく、その役割はあまり大きくありませんでした。しかし、メーカーの開発競争が進み、超音波検査の解像度は飛躍的に向上していきました。

 産科の先生が胎児超音波検査を行う第一の理由は、胎児の病気を見つけるためではありません。赤ちゃんの発育状況、体の向き、羊水の量、胎盤の位置、そういった妊娠経過のすべての情報を集めるのです。

 胎児エコーで赤ちゃんの性別が分かることも多々あります。あらかじめ男女の別を知りたいというカップルも多くいますので、胎児エコーは医療者と家族をつなぐコミュニケーションのツールにもなります。お (なか) の中で動く赤ちゃんをエコーの画像で見て、赤ちゃんへの愛を育んでいった経験のある人はたくさんいるのではないでしょうか。よく考えてみれば、男女の別を教えてもらうということも、出生前診断の一つと言えます。

見えてほしくないものまで見え…

 私が医師になって10年たった97年頃には、胎児エコーは相当精度が高くなりました。そうすると、ある意味で「見えてほしくないものまで見えてしまう」ということが起きるようになりました。

【名畑文巨のまなざし】 width=

【名畑文巨のまなざし】
ポジティブエナジーズ(その9) 世界をめぐり撮影したダウン症の子どもたちは、みなポジティブなエネルギーにあふれていました。前回も紹介した2歳のかほちゃん。お (ひな)様をバックに着物で撮ったこのカットは、今年5月のロンドン展でも人気がありました。撮影した時はもう、ずっと元気全開で、ちょっとおもちゃを見せるだけで大はしゃぎ。写真のような落ち着いた笑顔は、たくさん撮った中でこれ1枚だけでした。大阪府にて

 まず、産科の開業医が胎児エコーをし、何らかの病気の疑いがあると、妊婦を大学病院に送ります。大学の医師は、紹介を受けた以上、絶対に間違いがないよう、時間をかけ、目を凝らして胎児エコーをやります。異常がはっきりと分からないときは、われわれ小児外科医もエコーの場に呼ばれ、一緒に画像を見ました。

 この当時の産科の先生は、新生児外科疾患の治療の仕方や治療成績をあまり知りませんでした。病気を見つけ、小児外科医や小児循環器科医に連絡を取るのが精いっぱいでした。したがって、胎児の内臓に奇形があることが分かると、小児外科医が手術の説明や長期的な見通しを説明していました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

inochihakagayaku200

いのちは輝く~障害・病気と生きる子どもたち

 生まれてくる子どもに重い障害があるとわかったとき、家族はどう向き合えばいいのか。大人たちの選択が、子どもの生きる力を支えてくれないことも、現実にはある。命の尊厳に対し、他者が線を引くことは許されるのだろうか? 小児医療の現場でその答えを探し続ける医師と、障害のある子どもたちに寄り添ってきた写真家が、小さな命の重さと輝きを伝えます。

matsunaga_face-120

松永正訓(まつなが・ただし)

1961年、東京都生まれ。87年、千葉大学医学部を卒業、小児外科医になる。99年に千葉大小児外科講師に就き、日本小児肝がんスタディーグループのスタディーコーディネーターも務めた。国際小児がん学会のBest Poster Prizeなど受賞歴多数。2006年より、「 松永クリニック小児科・小児外科 」院長。

『運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語』にて13年、第20回小学館ノンフィクション大賞を受賞。2018年9月、『発達障害に生まれて 自閉症児と母の17年』(中央公論新社)を出版。

ブログは http://wallaby-clinic.asablo.jp/blog/

名畑文巨(なばた・ふみお)

大阪府生まれ。外資系子どもポートレートスタジオなどで、長年にわたり子ども撮影に携わる。その後、作家活動に入り、2009年、金魚すくいと子どもをテーマにした作品「バトル・オブ・ナツヤスミ」でAPAアワード文部科学大臣賞受賞。近年は障害のある子どもの撮影を手がける。世界の障害児を取材する「 世界の障害のある子どもたちの写真展 」プロジェクトを開始し、18年5月にロンドンにて写真展を開催。大阪府池田市在住。

ホームページは http://www.fumionabata.com/index.html

名畑文巨ロンドン展報告

ギャラリー【名畑文巨のまなざし】

いのちは輝く~障害・病気と生きる子どもたちの一覧を見る

最新記事