文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

妊産婦の死因、3割は自殺…産後うつが影響か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 2015~16年の2年間に死亡した妊産婦のうち自殺は102人で全体の3割を占め、死因として最多だったとする調査結果を国立成育医療研究センター(東京都)の研究チームが5日発表した。無職世帯や35歳以上の女性が産後に自殺するリスクが高く、産後うつの影響がうかがわれた。妊産婦の自殺に関する全国の実態が分かったのは初めて。

 研究チームは、各自治体に提出された12~60歳の女性の死亡届や出生届、死産届を基に死因を調査した。

 妊娠中から産後1年未満に死亡した妊産婦は357人(死産を含む)。死因を調べたところ、自殺は102人(妊婦3人、産婦99人)で、がん75人(妊婦はゼロ)、心臓病28人(産婦27人、死亡時期不明1人)が続いた。

 産後に自殺した92人の背景を分析すると、無職世帯の女性の自殺率が最も高かった。年齢別では、35歳以上が45人と半数近くに上り、29歳以下(21人)を大きく上回った。研究チームは自殺の要因として、経済的な困窮や高齢出産、産後うつなど心の問題の関わりについて指摘している。

 調査をまとめた森臨太郎・同センター政策科学研究部長は「産後の健診や、助産師や保健師による自宅訪問などで育児や生活の不安についてもすくいあげ、支援につなげる地道な取り組みが重要だ」と話す。

産後うつ 出産後に起きる心の病気。抑うつ状態になり、物事への興味や楽しいと思う気持ちが失われ、不眠や意欲の低下に悩まされる。ホルモンバランスや環境の急激な変化、育児での孤立など様々な要因があるとされる。

          ◇

貧困・高齢が背景に…欠かせぬ支援

 妊産婦の死因に自殺が多いことは医師の間で経験的に語られてきたが、初めて調査で裏付けられた。より正確なデータが出たことで、事態の深刻さが浮き彫りになった。

 死亡届だけを使った国の妊産婦死亡統計では、実態は分からなかった。産後数か月の死亡や、死亡診断書で妊娠・出産について書かれていないケースが漏れるためだ。今回の調査でも、妊娠中の自殺者が把握しにくい同様の弱点はあるが、出生届や死産届との突き合わせで産後の情報が増え、実態に近づいた。

 幸せと思われがちな妊娠・出産期、おなかの子を道連れに、あるいは乳飲み子を残して自ら命を絶つ。家族や社会に与える影響は大きい。追いつめられた妊産婦を見つけ出し、適切な支援につなぐ必要がある。

 国は昨年、自殺総合対策大綱を改定し、妊産婦への支援を初めて重点施策に掲げた。各市町村は今年度、新たな対策計画を作る。調査からは、貧困や高齢出産の不安が背景にあることも分かった。調査結果を生かしたきめ細かな支援の実現が急がれる。

(医療部 中島久美子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事