文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

書籍紹介

もっと知りたい認知症

『認知症を堂々と生きる 終末期医療・介護の現場から』 宮本礼子、武田純子著

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
『認知症を堂々と生きる 終末期医療・介護の現場から』 宮本礼子、武田純子著

 認知症は長生きの証し。おびえる必要はなく、堂々と生きていこうと訴える。ただ、周囲とのコミュニケーションが困難になってきた時に、どこまで本人の意思を尊重した生き方を実現できるか。実例を示しながら、認知症の高齢者の介護や 取りのあり方を考える。

 大きな反響を呼んだ「欧米に寝たきり老人はいない」(中央公論新社 2015年6月)の著者(宮本)と、ともに高齢者の終末期医療の問題に取り組んできたグループホーム施設長(武田)の共著。海外事情も豊富に紹介されており、日本の状況と比較できる。

 (中央公論新社 1400円税別)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

書籍紹介の一覧を見る

<PR情報>

最新記事