文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

不安は取り除かず「あるがまま」に…心の病気に「森田療法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
不安は取り除かず「あるがまま」に…心の病気に「森田療法」
id=20180903-027-OYTEI50009,rev=5,headline=false,link=true,float=right,lineFeed=true

 東京都内の30歳代のA子さんは一昨年1月、かかりつけ医に「強迫性障害(強迫症)」と診断された。物に触ると気になって手を洗い、「仕事の書類を捨てたかも」とごみ箱を何度も確認してしまう。抗不安薬を飲んでも改善せず、勤め先を休職したが、慈恵医大第三病院(東京都狛江市)で「森田療法」の外来治療を受けて改善、昨年夏に職場復帰した。(山口博弥)

 森田療法は、慈恵医大の初代精神科教授、森田 正馬まさたけ が1919年に確立した精神療法で、来年で100年を迎える。

 治療対象は、強迫症のほか、 動悸どうき や恐怖感に発作的に襲われるパニック症、人前で極度に緊張したりする社交不安症など、主に不安がベースにある心の病気だ。近年は、うつ病や心身症の治療にも用いられる。

 森田療法の特徴は、不安を取り除こうとしないことにある。例えば、人前で緊張して不安になる人は、不安を「あってはならないもの」と考え、排除しようとする。しかし、意識すればするほど不安は膨らみ、さらに緊張してしまう――という悪循環に陥る。

 森田療法では、不安は自然な感情として「あるがまま」にしておき、緊張してもいいから人前で話してみるよう指導する。そうして本来やるべきことを一つずつ達成するうちに、いつの間にか不安は小さくなっていく、と考える。

強迫症で布団から出られなかったが「行動のコツ」つかみ自信

 強迫症のA子さんは休職中、慈恵医大第三病院にある森田療法センターに電車で通ったが、外出すると確認しなければならないことが多くて疲れ果てた。ある診察日の朝、布団からどうしても出られず、担当の臨床心理士に「診察時間を遅らせて」と電話すると、こう指示を受けた。

 「とりあえず布団から出ること。それから歯を磨き、服を着る。ダメなら、その時に考えましょう」

 言われた通りにこなしていくと、電車に乗って時間通りに受診することができた。数か月後、自宅を引っ越すことになった。夫が仕事で不在の昼間、汚れへの不安を「あるがまま」にして荷造りを母親とこなし、無事引っ越しを終えた。

 「行動するコツが分かると自信が付き、うれしかった。支えてくれた家族には本当に感謝しています」とA子さん。職場復帰した今、薬も飲んでいない。

 同病院院長(精神神経科教授)で日本森田療法学会理事長の中村敬さんは「森田療法は、青少年から高齢者まで幅広く適用できる心の健康法でもあり、生きる力を育む指針です」と語る。今では「モリタ・セラピー」として、中国や北米、オーストラリア、ロシアでも治療が行われているという。

出産、育児…女性の悩みにも助言

 今年7月、森田正馬の出身地の高知県で没後80年の墓前祭が開かれた。記念講演をした作家で精神科医の 帚木ははきぎ蓬生ほうせい さんは、森田の生涯を描く本を執筆中だ。

 同じ7月には、森田療法を行う精神科医や臨床心理士の女性3人が著した「女性はなぜ生きづらいのか 森田療法で悩みや不安を解決する」(白揚社)も出版された。就職、出産、育児、夫の転勤、親の介護など、人生の節目で生き方の選択を迫られる女性の悩みについて、具体例を挙げて森田療法の考え方を生かした助言を紹介している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事