望ましい最期(1)「自宅で逝く」かなう…独り身、診療受け「終活」

 高齢化が進み、日本は年間130万人以上が亡くなる「多死社会」になった。多くの人が住み慣れた家での最期を望むが、かなえられていない。九州・山口・沖縄では、特に少ない傾向にある。自宅、施設、病院。それぞれの場所で悩みながら…Continuereading望ましい最期(1)「自宅で逝く」かなう…独り身、診療受け「終活」