文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

iPSで腎臓病「先天性ネフローゼ症候群」初期症状を再現…治療法確立に光

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 人間のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、腎臓病「先天性ネフローゼ症候群」が起きる仕組みの一端を解明したと、熊本大の西中村隆一教授(腎臓発生学)らの研究チームが発表した。今後、解明が進めば、有効な治療法の確立につながる可能性がある。論文は31日、米科学誌ステム・セル・リポーツ(電子版)に掲載された。

 チームによると、同症候群は生後3か月以内に血液中のたんぱく質が大量に尿の中に漏れ出す病気で、2、3歳のうちに腎不全に至り、人工透析や腎臓の移植手術が必要となる。

 チームは、小児患者の皮膚細胞から作ったiPS細胞を基に腎臓の組織を作製して病態を再現。その結果、血液から尿をろ過する腎臓内の膜を形成できないことが判明した。実際に、腎臓組織になる途中の細胞をマウスに移植したところ、同症候群の初期段階の症状が確認されたという。

 西中村教授は「ろ過機能を持つ細胞に直接作用する薬を見つけられれば、他の種類の腎臓病治療でも効果が得られる可能性が出てくる」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事