文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

第24回口腔保健シンポジウム

イベント・フォーラム

[第24回口腔保健シンポジウム](4)もぐもぐ30回 胃の調子アップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ミニトーク…益子直美さん

[第24回口腔保健シンポジウム](4)もぐもぐ30回 胃の調子アップ

 バレーボールをしていた実業団では、選手をケアする歯医者さんがいたので、悩みを伝えることができました。スパイクを打つ時に食いしばり過ぎて、奥歯がぼろぼろになり、抜かなければいけなくなってインプラントにしています。

 専門のトレーナーやチームドクターもいて全てを管理します。好きなものを食べられないし、煩わしかったのですが、引退してみると、すごくありがたかったと改めて思います。

 昨年、心臓の病気をして自分の体を見返す時間が増えました。朝起きた時に胃がむかむかしていることが多くなって、食事を振り返ると、3回ぐらいかんでのみ込んでいたんです。今は最低30回かむようにしたら、翌朝の胃の状態がよくなりました。

 トークをする仕事なので、口のケアには、すごく気を使っています。歯磨きと歯間ブラシ、デンタルフロス、マウスウォッシュなども使ってやっています。しかし、歯医者さんからは「磨き過ぎです」。軟らかめの歯ブラシを選んでくださいと教えていただきました。

 芸能界に入った時、笑うのが苦手でした。現役時代、感情を表に出してはいけなかったんですね。歯を出して笑ったことがありませんでした。引退して25年、50歳を過ぎたら「失うものはない」と思って、今は堂々と口を開けて笑えるようになりました。

 今、テレビ番組の企画で富士山麓の河口湖で生活しています。近所のおばあちゃんたちは、90歳を過ぎても元気に畑仕事をされています。食事を一緒にさせてもらうと、お肉を普通に食べています。「歯、丈夫ですね」と聞くと、全部自分の歯だったり。長寿のひけつはやっぱり歯だなと思いました。

 私は河口湖のおばあちゃんよりひよっこですが、これからも歯のケアをしっかりして、長生きしたいなと思っています。

  ◇ますこ・なおみ  1984年、高校3年生で女子バレーボール日本代表に選出される。翌年、イトーヨーカドー女子バレーボール部に入団。92年に引退後は、スポーツリポーターやタレントとして幅広く活躍している。

 【参考になるウェブサイト】

◇日本歯科医師会 テーマパーク8020
https://www.jda.or.jp/park/

◇サンスター Mouth&Body PLAZA
http://www.mouth-body.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

イベント・フォーラムの一覧を見る

第24回口腔保健シンポジウム

最新記事