文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

1件 のコメント

コメントを書く

日常と非日常の間にあるものを考える

寺田次郎 六甲学院放射線科不名誉享受

フリーになってから他の医師に無い経験値を増やすために学会も含めて海外に行くことが増えました。
(今夏はマラガとカタルーニャに続いてバスクでもおそらく初めて病院放射線科見学を行った日本人医師になりました。)

人間は日常においては非日常を望み、非日常に置いては日常を望む傾向がありますが、日常に追われている方に様々な非日常を考える機会を持ってもらうことは大事だと思います。
旅行と避難でも相似と相違があります。
その事を踏まえて避難時の準備を考える必要があります。
その中で必須のものと不要なもの、その間にあるものの違いがあります。
そして、国際化する日本社会の中で海外の方への配慮も必要になります。
(それが弱者である多くの子供や老人を救うことになります。)

僕自身スペインにおいては外国人であり、英語も複雑なところの理解には難があります。
スペインでも地方都市になると英語を喋れる人はかなり少なくなります。
喋れる人でも難しいことは分かりません。
同じようなことは日本の各地域でも言えます。

個人や家族の対策も大事ですが、あるいはもう少し大きな枠組みも大事かもしれません。
インフラもそうですし医療のバックアップ体制なんかもそうですね。
これは個人の人生との相似でもありますが、何をやっても助からないことがある一方で、やるべきことをやったおかげで助かることは沢山あります。
個人では行動の制約も大きいですが意見の共有なんかは出来ますし、それが行動に繋がれば効率的な組織運用に繋がることもあるのかと思います。

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。