文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

本ヨミドク堂

コラム

『大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました』 井上由季子著

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
『大切な人が病気になったとき、何ができるか考えてみました』 井上由季子著

 家族が入院した。何をしてあげたら喜ぶだろうか? ささやかだが入院生活を明るくさせる、手作りのひと工夫が紹介されている。

 ティッシュ箱に家族の写真を貼れば、患者の気持ちは安らぎ、医療者との会話のきっかけになる。メッセージやメモ書き用の文房具や白板は、意思の疎通に役立つ。手書きの文字は活字と違い、人柄がにじむ。

 親の入院を経験し「緊張して息が詰まりそうに、しんどくなった」と振り返るデザイナーが書いた実践録だ。患者と家族と医療者の、心を通わせるヒントがある。

 (筑摩書房 1600円税別)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

本ヨミドク堂

本ヨミドク堂
ヨミドクター編集室が注目する新刊書を紹介します。医療、健康、介護、福祉関連の書籍を幅広く取り上げていきます。

本ヨミドク堂の一覧を見る

最新記事