文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

街で障害のある人と出会ったら~共生社会のマナー

コラム

白い杖を持った人が道で困っている どうすればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ヨミドクターをご覧のみなさん、はじめまして。サービス介助士インストラクターの冨樫正義といいます。サービス介助士とは、主にサービス現場で障害のある方や高齢な方などが、何かお手伝いが必要な際に、さっとお手伝いができるように、基本的な介助技術を学んだ人です。駅のホームで介助をしている駅員の方々もサービス介助士を取得していることが多いので、実はみなさんもその活躍を見たことがあるかも知れません。

 1回目のテーマは、まさに駅などで見かける白いつえ(白杖と書き、はくじょうと読みます)を持った視覚に障害のある人へのお手伝い方法です。

 最近は駅の構内で、視覚に障害のあるお客さまは駅員が介助する旨の放送が流れたり、鉄道各社の取り組みによる「声かけ・サポート」運動のポスターが貼ってあったりします。でも、「お手伝いしたいとは思うけれども、どうすればいいか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

視覚障害者=全盲 とは限らない

白い杖を持っている人には、全盲の人も弱視の人もいます

 ところで、どのような方が白杖を持っていると思いますか。実は道路交通法に記載があります。

 第14条では、「目が見えない者(目が見えない者に準ずる者を含む。)は、道路を通行するときは、政令で定めるつえを携え、又は政令で定める盲導犬を連れていなければならない」とあります。つまり、視覚に障害のある人は道路交通法で、白杖を持ち歩くか、盲導犬を連れていることが義務付けられているのです。また、「目が見えない者に準ずる者を含む」とあるように、全く見えない全盲の方に限らず、弱視の方も白杖を持ちます。

 視覚に障害のある方全体では、全盲より弱視の方が多い。つまり、白杖を使っているからといって全く見えていないとは限らないのです。この点を理解することで、その方が必要とするお手伝いをすることができます。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

togashi-prof150

冨樫正義(とがし・まさよし)

 1973年、埼玉県生まれ。桜美林大学大学院卒(老年学研究科修士号)。日本サッカー協会 施設委員。法律事務所、不動産関係会社、人事コンサルタント、専門学校講師を経て、現在、サービス介助士、防災介助士、認知症介助士などを認定・運営する団体「公益財団法人日本ケアフィット共育機構」(0120‐0610‐64)のインストラクターとして、年間50社以上の企業対象研修を担当するほか、企業のバリアフリー・ユニバーサルデザインのコンサルティングも行う。

街で障害のある人と出会ったら~共生社会のマナーの一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

聴覚障害者

妖怪

共生社会のところに、「ヘルプマークをつけている方々を見かけたら」とありましたが、聴覚障害者も外見からはそれとわからないので、困っていることもあり...

共生社会のところに、「ヘルプマークをつけている方々を見かけたら」とありましたが、聴覚障害者も外見からはそれとわからないので、困っていることもあります。耳が聞こえないと言っても、大声ならわかるだろうと思い込む方々が多いのです。聴覚障害者が一番困るのは、何かあったときに流れる放送がわからない、ということです。電車が急停車したときに流れる車内放送がわからず、先方にメールで連絡取れないのです。
それで聞こえない方から、紙とかでどうしましたか?と聞かれたら、放送の内容等をその紙に書いて下さると、大変助かります。
よろしくお願いいたします。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事