文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療眼科医・若倉雅登のひとりごと

コラム

自分の症状は「病気」?「障害」?…あいまいな「境界線」、どう受け止めればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「いつまでも健康な体で生活したい」と思っていても、年齢を重ねる中で、体に不調を感じたり、何らかの不都合な状態が起きたりします。そして病院に行くと、医師から「病気」や「障害」などと告げられることになります。

 ところで、この二つの言葉の意味の違いについて、みなさんはご存じでしょうか。

「眼球使用困難症」患者たちの訴え…突きつけられた課題

自分の症状は「病気」?「障害」?…あいまいな「境界線」、どう受け止めればいい?

 私が顧問をしている患者たちの会の一つに、「眼球使用困難症と闘う友の会」があります。この団体が先日、視覚障害の認定を受けられずに不自由な生活を送っている実情を訴えるために、自民党障害児者問題調査会の衛藤晟一会長と面会しました。私も医学的な説明のために同行しました。

 衛藤議員からは、「国の福祉政策は病気(難病)と障害の2本立てになっているので、どちらの対策を求めるのかを明確にしたほうがよい」とのアドバイスをもらいました。

「なるほど」とうなずけましたが、「友の会」のメンバーや私にとっては、難しい課題を突きつけられた形となりました。

「病気」「障害」と言われたら…反応は様々

 実は、医療の現場から見ると、「病気」と「障害」の厳密な区別は難しいのです。

 たとえば、単なる近視や乱視を「病気」と思う人はあまりいないと思います。しかし、カルテの上では立派な傷病名です。

 私は患者さんに「あなたは進行性の強度近視です。これは病的近視ともいわれ、さまざまな眼球の異常を合併症として引き起こす可能性があります」と説明することがあります。すると、「えっ、近視って病気だったの?」と驚かれることは決して珍しくはないのです。

 「病気」と言われて、がっかりする人がいる一方で、「そうか、病気だから調子が悪かったのか」と納得する人もいます。反応は人それぞれです。

 障害もそうでしょう。「障害とは、おそらくこれ以上有効な治療方法がなく、健康な人に備わるべき機能が欠けて回復しない状態」と考えると、自身が障害を持って 愕然(がくぜん) として、なかなかそれを受け入れられない人もいると思います。

 一方で、障害者と認定されれば、様々な公的支援の対象になるため「よかった」と感じる場合もあるのです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

201505_第4回「読売医療サロン」_若倉

若倉雅登(わかくら まさと)

井上眼科病院(東京・御茶ノ水)名誉院長
1949年東京生まれ。北里大学医学研究科博士課程修了。グラスゴー大学シニア研究員、北里大学助教授、井上眼科病院副院長を経て、2002年から同病院院長。12年4月から現職。日本神経眼科学会理事長、東京大学医学部非常勤講師、北里大学医学部客員教授などを歴任し、15年4月にNPO法人「目と心の健康相談室」を立ち上げ副理事長に就任。「医者で苦労する人、しない人---心療眼科医が本音で伝える患者学」、「健康は眼に聞け」「絶望からはじまる患者力」(以上春秋社)、「目の異常、そのとき」(人間と歴史社)、医療小説「茅花流しの診療所」(同)など著書多数。専門は、神経眼科、心療眼科。予約数を制限して1人あたりの診療時間を確保する特別外来を週前半に担当し、週後半には講演・著作活動のほか、NPO法人、患者会などでのボランティア活動に取り組む。

心療眼科医・若倉雅登のひとりごとの一覧を見る

最新記事